« 我が家の新年会 | トップページ | 確定申告指導会の案内 »

2012年1月 4日 (水)

大磯町賀詞交歓会

新年が始動しました。
まずは、大磯町賀詞交歓会に会長等と出席しました。
中﨑町長も二度目の賀詞交歓会とあって大磯町の抱える課題等を踏まえ、重点的な政策を掲げて出席者の協力を求めました。昨年の至らなかった事業等については率直にお詫びをして、事業の見直しを図っていくとの言葉に非常に好感を持ちました。こういうスタンスで話されると、人は協力をしていかなくてはと思うものです。

0104

     ▲
   年頭の所信を述べる中﨑町長

ごみ問題・防災問題・医療(高齢化も含めた)問題・教育問題・産業の活性化etc・・・・・・。
どれ一つとっても大きな課題です。
しかし、トップがこのようにしていきたいと方向性を示していただければ、商工会としての協力や事業の立案、提案もやりやすくなります。

組織の再編・フラット化の問題についても触れていました。

ここから先のコメントは全く私の考える組織論です。
中﨑町長の意図する考え方とは違います。

私はかつて和服関係の仕事をしていました。
良い織物は間違いなくしっかりとした縦糸を持っています。
だから、組織でも、まずしっかりとした縦糸を張ることが必要なのです。
組織で言えば縦糸は指示命令系統です。この縦糸は、時が経っても「変わらないもの」「変えてはいけないもの」です。
それは何か?人間において例えるならば人格・信頼です。
それも責任を取ることが出来るかが重要な要素になってくるはずです。
縦糸がしっかりしているから良い着物が出来るんです。組織も同じです。

縦糸がしっかりしているからこそ、横糸で鮮やかな模様を綺麗に織り成すことが出来るのです。少なくとも着物はそのように出来ています。
組織の縦糸の頂点にある長は、仕事をする時には、部下の職員と一緒に励み、フラットで取り組むことにより縦糸との強さのバランスが取れるのです。

この横軸(職員)が、その縦糸を軸にして、どのような政策を実現していくのか? という戦略を理解して一本一本の糸を重ねて行くようにする実践が可能になれば素晴らしい組織が出来ると思います。
だから、前政権に実施した部長制度等を廃止するのは反対でした。
このようなパフォーマンスは止め、責任論は明確にした部長制の縦糸をしっかりとさせる組織に復活をさせた方が良いと私は思っています。

そんなことを感じながら自分の組織に帰り、念頭の挨拶を会長にしていただきました。
いずれにしても、私も一年契約選手です。
与えられる、期間をしっかりと実践していくのみです。

« 我が家の新年会 | トップページ | 確定申告指導会の案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/53655371

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯町賀詞交歓会:

« 我が家の新年会 | トップページ | 確定申告指導会の案内 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ