« 忘年会の閉めは1983年産ワイン | トップページ | 戦後6度目の辰年は? »

2011年12月31日 (土)

大晦日を迎えることの出来る幸せ!

今年の日本の最大の出来事は?
誰もが3月11日の東日本大震災と津波により壊滅的な損傷を受けた福島の原発事故を思い起こすと思います。
その後の震災復興を機に日本人が忘れていたものが呼び起こされることの結果については、ちょっぴり明るい材料であったと思います。
人との連帯感、他人への優しさ、人間の己の強さも改めて認識しました。その結果が今年の一年をイメージする漢字に「絆」が選ばれたのでしょう。その象徴だと思います。

この気持ちは来年以降も、これからずっ~と継続して欲しいと願います。

3月11日には大磯町の夏の最大イベントの実行委員会を行っていました。
私は、その揺れから関東地方を襲った地震だと確信しました。一瞬、東海沖地震?とも、考えました。
しかし、ワンセグで伝えるのは震源地は東北地方だと。それを知ったメンバーは、大磯でもこの揺れを感じるのですからこれは、相当に大きな被害が出ることは容易に想像が出来ました。
その後のテレビの映像は、映画でも見たことの内容の惨事を、ただただ息を呑んで見るしかありませんでした。

まもなく新しい年を迎える時期に来ているにも拘らず、復興作業が順調に推移しているとも思えません。
当面の先の光だけでも見えるようになってくれることを祈るのみです。

そんな中で大晦日を家族で迎えることが出来ることを最大限に感謝しなければいけないのだと感じます。
そして、年越し蕎麦は「細く長く達者に暮らせることを願う」というものですから、ありがたくいただき、いつもにも増して、除夜の鐘を遠くに聴きながら、自らの煩悩を祓いながら新年を迎えます。

2011年という年は大変に不幸でした。
しかし、後世にきちんとこの出来事を伝えるべき年ともなりました。
その2011年がまもなく、暮れようとしています。

« 忘年会の閉めは1983年産ワイン | トップページ | 戦後6度目の辰年は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/53616895

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日を迎えることの出来る幸せ!:

« 忘年会の閉めは1983年産ワイン | トップページ | 戦後6度目の辰年は? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ