« 大相撲は厳冬期から春の兆しが? | トップページ | 私の関連するイベント情報 »

2011年12月 1日 (木)

就職活動がスタート

2013年春に卒業する大学3年生の就職活動が今日から本格的にスタートしました。
例年は10月1日が解禁日でした。いつ頃からこのように3年生の後半から就職活動をするようになったのでしょうか?

就職活動の長期化による学業への負担を軽減するため、これまでより2カ月遅く始まったとのことですが、それでも本来の大学生の本分である学業を考えたらこれでも長いと思います。
雇用情勢が厳しい状況の中で学生は短期決戦?に焦る気持ちも分かります。
限られた期間の中で質の高い学生を確保しようとする企業の気持ちも分かります。
しかし、何かが違うなと違和感を持つのは私だけではないと思います。
就職活動をするために大学に行っている訳ではないのですから。それを貴重な4年間の半分に近い学生生活を就職活動に費やすこと自体に不自然さを感じます。

毎年、Times Higher Educationが世界大学ランキングを発表しています。評価の基準になるのは「学習環境」「研究成果」や「イノベーション」「国際性」等の要素を加味してランキングを発表しているようですが、学生の「学習環境」や「研究成果」をバックアップするための社会が学生たちに学業に専念させる環境を創出することも必要になってくるはずです。それが教育だと思います。
そうすると学生たちを受け入れる、経団連ももう少し、学生が4年間しっかりと学業に専念させる配慮を持った採用指針になる「倫理憲章」の見直しを図って欲しいと思います。

この大学のランキングには、カリフォルニア工科大学やハーバード大学のほか、スタンフォード大学やケンブリッジ大学、オックスフォード大学など、英米の大学が入っています。確かに東京大学はアジア勢ではトップですが30位にランクされています。
このランクを上げる必要があると思います。それがその国の教育度になると思います。
そして、その教育度は結して頭の良し悪しで測るものではありません。

« 大相撲は厳冬期から春の兆しが? | トップページ | 私の関連するイベント情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/53381605

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動がスタート:

« 大相撲は厳冬期から春の兆しが? | トップページ | 私の関連するイベント情報 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ