« フリーダムコンサートinダイナシティ2011 | トップページ | 難しくなる孫の疑問? »

2011年12月24日 (土)

「威儀即仏法」で日常を鍛える

クリスマスイブの日に、日本古来からの仏法を題材にして?
だからといって、私は熱心な仏教徒でもありません。そしてクリスチャンでもありません。
お嫁さんが手作りのケーキを作ってくれて家族全員で「Merry Christmas」を祝いました。
しかし、終日、のんびりと過ごしている内にこのような内容になってしまったのです。

道元の残した「威儀即仏法」(いぎそくぶっぽう)とは、正しい規律ある作法と言うことのようです。
そしてこの行儀・作法が心を育てることだと。そして大人である、我々が何処か遠くに置き去ってきてしまったように感じます。

社会人としての人間を鍛えるのは会社や仕事ばかりではありません。
むしろ、最も身近な家庭の中にあるのです。

家庭内の「威儀」「作法」を心掛けることがスタートです。
だから、夫婦間を始め家族間のコミュニケーションを大切にすることが必要になります。
確かに仕事が忙しいからと、子どもの躾等をおろそかにしがちです。
今年の漢字に選ばれた「絆」は正にこうした背景で選ばれたのだと思います。

今まで実践をしていなかったのに、急にコミュニケーションを取れと言っても無理だという御仁もいるかもしれません。
○朝、顔を合わせたら、必ず「おはようございます」
○何かをしてもらったら「ありがとう」
○腰を立てて「姿勢を正す」
○家に上がるときは「靴をそろえる」
こうした、基本的な当たり前のことが出来ていない大人の実に多いことに驚きます。

こんなことビジネスと関係ないとおしゃる方もいるでしょう?
実は大変重要な要素だと思っています。
この、延長線上に「信頼」と「やり甲斐のある仕事」に巡りあえるチャンスが増えるはずです。
このチャンスは、「偶然」にやって来るのではなく、必ず「偶然」と遭遇する必然があるのだと思います。

« フリーダムコンサートinダイナシティ2011 | トップページ | 難しくなる孫の疑問? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/53559455

この記事へのトラックバック一覧です: 「威儀即仏法」で日常を鍛える:

« フリーダムコンサートinダイナシティ2011 | トップページ | 難しくなる孫の疑問? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ