« さざんか梅雨 | トップページ | 大相撲は厳冬期から春の兆しが? »

2011年11月29日 (火)

「木枯らし1号」は早かったけれど?

昨年は10年ぶりに10月の「木枯らし1号」が到来をしました。
東京地方では今年も昨年と同じ日、10月26日に「木枯らし1号」が観測されました。
「木枯らし1号」の条件は
 ○10月半ばから11月末までの間
 ○気圧配置が西高東低
 ○風向が西北西~北
 ○最大風速が8メートル以上
          の条件が揃った時です。

その後、11月は例年に比べて非常に暖かく過ごしやすかったように感じます。
冬が近づくと脛が異常に痒くなります。その症状も今年はまだありません。
目の前の王城山の紅葉も進みません。わずかに日の出の朝焼けの中で深秋の景色を感じさせる程度です。

12月には冬の節電がスタートします。
夏の節電時のように強制力のある「電力使用制限令」は見送られていますので、各家庭の節電が重要になってきます。
そうすると自然に暖冬を期待したくなりますが・・・・・・。
いずれにしても本格的な冬はもうすぐそこまで来ています。
今夏の省エネ意識がどれだけ培われたのかが試される4ヶ月かもしれません。
でも、寒いのは苦手なのですよね!

« さざんか梅雨 | トップページ | 大相撲は厳冬期から春の兆しが? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/53369580

この記事へのトラックバック一覧です: 「木枯らし1号」は早かったけれど?:

« さざんか梅雨 | トップページ | 大相撲は厳冬期から春の兆しが? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ