« 宿場まつりの最終コーナー | トップページ | 愛猫の成長 »

2011年10月24日 (月)

齋藤博夫水彩画展「400年目の東海道」

すべては道から始まった。
すべては道が運んできた。
道には歴史、経済、政治、産業
人材、芸術、情報など
あらゆるものが往来してきました。

1023_2
徳川家康が東海道に宿駅制度を制定したのは1601年(慶長6年)のこと。
東海道は大きな役割を担ってきた道です。
その、東海道をこよなく愛した齋藤画伯は、現在の東海道を「21世紀へ20世紀からの贈り物」として、東海道に息づいている生活、その地域の風土を500年目の東海道へ伝えることを水彩画に描き留めました。

1023_3
この度、大磯町にオープンした齋藤ミュージアム、SALON DE DAHUで「400年目の東海道」として蘇っています。是非、機会があったら訪れて下さい。

« 宿場まつりの最終コーナー | トップページ | 愛猫の成長 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/53066180

この記事へのトラックバック一覧です: 齋藤博夫水彩画展「400年目の東海道」:

« 宿場まつりの最終コーナー | トップページ | 愛猫の成長 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ