« ダイヤモンド富士 残念でした! | トップページ | 大磯フレッシュコール&梅の里ジュニアコーラス演奏会 »

2011年9月 3日 (土)

ノーサイドからのスタート

野田新内閣は「ノーサイドにしましょう!」とスタートしました。
代表戦を争った敗者サイドからこうした言葉が聞かれればもっと期待が出来たのではと思いました。

マスコミは「小沢一郎元代表のグループから新任で2人起用するなど党内融和に向け配慮を示した形となった。」との論評を書いています。だから混乱をするんです。

戦国時代には相手方の武将を重用したケースなど数多あるのです。
それは、敗軍の将に潔さがあったからでしょう。
城主・城将である自らの首を差し出し、その代わりに今まで自分を支えてくれていた城兵等の糧が成り立つように配慮をしたのです。平成の時代に、まさか、敗者に切腹をさせる訳にはいきません。

東日本大震災や福島原発事故など、非常時にある日本。前政権の失政と政治空白により停滞していた「復旧・復興」を最優先課題とし、産業の空洞化を食い止める。そして国民全ての「安全・平和」を願うことを目的として選挙を行い、選挙は手段だったはずです。

だからこそ、敗者の側からこそ「ノーサイドにしましょう!」との言葉が欲しかったと思います。
そうすれば、早々に新任閣僚から「小沢一郎元代表の党員資格停止処分の見直しを求める」発言など飛び出すはずはないのです。

新首相の呼びかけた言葉が、「私が首相になっても支持率は上がりません。」と代表戦の時におっしゃっていましたが、見事に回復したではありませんか。
しかし、こんな閣内不一致が露呈していけば、挙党一致を掲げた野田新政権への国民の期待が表れた支持率も一瞬にして崩落するはずです。

« ダイヤモンド富士 残念でした! | トップページ | 大磯フレッシュコール&梅の里ジュニアコーラス演奏会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/52639083

この記事へのトラックバック一覧です: ノーサイドからのスタート:

« ダイヤモンド富士 残念でした! | トップページ | 大磯フレッシュコール&梅の里ジュニアコーラス演奏会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ