« 残暑の厳しい大磯市(おおいそいち)一周年 | トップページ | 商工会役員研修会&商工会副会長会議 »

2011年9月19日 (月)

日本画家堀文子先生の影響 サイバー攻撃?

敬老の日と言うと、未だに9月15日と勘違いをおこしそうです。
2002年までは毎年9月15日が「敬老の日」でした。
2001年の祝日法改正いわゆるハッピーマンデー制度の実施によって、2003年(平成15年)からは9月第3月曜日となりました。

しかし、この「敬老の日」を第3月曜日に移すにあたって、高齢者団体から反発が相次いだため、9月15日を「老人の日」として同日より1週間を老人週間とした経緯があります。高齢者としての自負がないと私には感じます。
と思っていた今日、NHKで大磯在住の堀文子先生の特集が組まれていました。
93歳になった今でも情熱とチャレンジ精神を忘れずに新作に挑み続ける姿に、自分自身など本当に洟垂れ小僧のように感じました。
「群れない、慣れない、頼らない」
「慣れると物が見えなくなる」
「風景はその国の人が作り上げた歴史」
「今は死と同居しているの。ビックリする感動する心が必要なの」だから「息、絶えるまで感動していたい」

生涯、美意識を追及し続け、世代を越えて多くの人々の憧憬を集め、孤独を恐れずに自由を求める、こうした言葉は、人々に勇気を与えます。

そして、ブログをアップする前にアクセス履歴を見て驚きました。
一日、300程度のアクセスが、4580もありました。私のブログにあってはまるでサイバー攻撃を受けているようなアクセス数です。そのキーワードは95%が「堀文子」です。

今日は、堀先生のことをブログで書きたいと言ったらカミさんが
「大磯に住んで一緒の空気を吸っているのだから、ほんの少しでも堀先生の精神に近づきたい!」と一言。
この言葉には、「う~ん。同感!」としか言いようがありません。

« 残暑の厳しい大磯市(おおいそいち)一周年 | トップページ | 商工会役員研修会&商工会副会長会議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/52775414

この記事へのトラックバック一覧です: 日本画家堀文子先生の影響 サイバー攻撃?:

« 残暑の厳しい大磯市(おおいそいち)一周年 | トップページ | 商工会役員研修会&商工会副会長会議 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ