« 親切の難しさ! | トップページ | 夏休み »

2011年8月22日 (月)

海岸砂丘の地下水

昨日は大磯町を挙げての総合防災訓練が行われました。
訓練は国府津ー松田断層を起因とする地震が発生。マグニチュード7.5、震度6強の地震の発生を想定して、住民の避難行動や災害時要援護者の支援体制など初動対応力を高める等の検証を行いました。

実際に大震災等に襲われると、人的被害の概要を把握した後に大変なのがライフラインの復旧です。電気・ガス・上下水道・通信回線等で大きな被害が出ます。
大磯町は目の前が海です。この水が利用できればどれだけ助かるか?誰もが思うことです。

地下水は海に向かってゆっくりと流れています。
海水も陸地の地下部に進入して地下水の状態になっています。
淡水の方が海水よりも比重が小さいため、淡水は海水の上に乗る形になっているそうです。

この現象は「ガイベン・ヘルツベルグの法則」と呼ばれているそうです。

日本三景の一つ「天橋立」の松林の中に「磯清水」と呼ばれる泉があります。
この井戸「磯清水」は、四面海水の中にありながら、少しも塩味を含んでいないところから、古来不思議な名水として喧伝されています。
その昔、和泉式部も「橋立の松の下なる磯清水 都なりせば君も汲ままし」と詠ったことが伝えられています。
これは、正に「ガイベン・ヘルツベルグの法則」によるものではないかと?

そして、大磯の海岸でも渚の何処かを掘れば「真水」が出るのでは?
余り深く掘ると海水になってしまいますが・・・・・・。
実験をする価値があると「総合防災訓練」を通して感じました。

« 親切の難しさ! | トップページ | 夏休み »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/52543876

この記事へのトラックバック一覧です: 海岸砂丘の地下水:

« 親切の難しさ! | トップページ | 夏休み »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ