« 第8回外郎売の口上大会 | トップページ | 為政者と桶狭間 »

2011年8月11日 (木)

東電の社員にエールを送ります!

東日本大震災を機に節電への関心が高くなっています。
大口電力需要家は昨年比15%減の節電を義務付ける電力使用制限令が昭和49年以来37年ぶりに発令されているのですから大変です。

私の事務所でも東電から来る領収書を見て、昨年対比20%程度の減はクリアしたと、一定の成果があったことに喜んでいます。

普段、余り電気代等が高いのか安いのかも余り気にも掛けずに電気を使用していたのが、こうしたことを機に本当の無駄を省くといった点では、「災い転じて福」に近い心境にあります。

しかし、日本全体の産業と言った大きな視点で考えれば、電力の使用制限がない土日にシフトする企業もあります。早朝や深夜に移す企業もあります。当然、従業員には手当を支給しなければならず、人件費が増加します。するはずです。また、自家発電機を導入すれば発電機の購入やレンタルの費用・燃料代の経費が発生します。
一方で「省エネ志向」に応えることでビジネスチャンスが広がることも考えられます。そのプラスマイナスがどうなのかは分かりませんが、私の事務所のように節電が経費の無駄の削減につながるのも事実です。

私の事務所の会館は30年を経ています。当然、色々な設備に経年劣化が見受けられます。
先日も、節電の打合せから事務所の漏電等の心配はないのか?との意見もあり、早速、東電に相談に乗っていただき事務所全体の電気に関するアドバイスを受けました。

そして、今日の昼休みを利用して全ての事務所の機能を停止して漏電等の検査をしてもらいました。
その結果「漏電の心配はありません。」との調査結果に「ほっと!」しました。

私はその結果より調査に来た担当社員の豊富な知識と適切なアドバイスに感心をしました。
プロだから電気の知識をその程度は知っているのは当たり前と言えば当たり前。
しかし、自分のスキルを上げる努力「自己研鑽」をしていなければと思えるほどの「プロ意識」に、思わずエールを送りました。

一つの組織が色々な問題を起こすと、いつも大変な思いをするのがこうして黙々と業務をこなす末端の社員です。お陰で、午後からは気持ちよく仕事をすることが出来ました。

« 第8回外郎売の口上大会 | トップページ | 為政者と桶狭間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/52449825

この記事へのトラックバック一覧です: 東電の社員にエールを送ります!:

« 第8回外郎売の口上大会 | トップページ | 為政者と桶狭間 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ