« 「きかんしゃ やえもん」絵本もまた気分転換! | トップページ | 孫の誕生日「シルバニアファミリー」 »

2011年7月21日 (木)

大磯は~とふるカード会 講習会

本日は中川経営技術研修室の中小企業診断士中川 孝博先生を招いて講習会を実施しました。
テーマは「リスクマネージメント」「革新的な経営戦略と今後の商売のあり方」
1日でこの二つのテーマは欲張りすぎたかも知れません。

070721

元々が前年度の積み残し事業なので、今年度と併せて勉強会になってしまったので、一寸だけ欲張りました。東日本大震災の影響により延期をしていた事業です。

企業や個人でも日常的に様々なリスクにさらされています。
東北地方を中心に襲った大震災は最たる事象です。
企業や自分の身の回りに潜在化している段階でリスクを発見することが出来れば、そのリスクを認識することが出来ます。
そうすれば、色々な対応策をとることが可能になります。そして、確実に企業がリスクマネージメント出来れば企業の成長に大きく貢献するはずです。

しかしです!誰でもリスクによる損失は、目に見える形で顕在化するものではないので、ついつい疎かにしてしまいがちです。

まして、東日本大震災の参考にされていたとされる、「巨大地震、貞観地震(じょうがんじしん)貞観11年5月26日(ユリウス暦869年7月9日)」は1,142年も大昔の出来事です。しかし、現実にあったということは史実です。
正に天災は「忘れた頃やってくる」といった性質のものです。このようにリスクは現実に存在するものであり、やがては顕在化してきます。顕在化する状況が徐々にやってくるのか?天災のようにある時急に襲ってくるのかの違いだけです。

従って、将来的に損失を被る可能性を予測し、それを待っているのではなく、費用的な問題も含めて計上していく、あるいは組織の機能を分散化していく経営姿勢が叫ばれています。

こうしたリスク回避は一朝一夕には出来ません。
そして、こうしたリスクへの対応は企業だけの問題でもありません。
自分自身の身の回りに対する個人レベルのリスク管理も大切だと感じる講習会でした。

※以上の雑感は、中川先生にご講演をいただき、私なりの考え方をまとめたものです。

« 「きかんしゃ やえもん」絵本もまた気分転換! | トップページ | 孫の誕生日「シルバニアファミリー」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/52275517

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯は~とふるカード会 講習会:

« 「きかんしゃ やえもん」絵本もまた気分転換! | トップページ | 孫の誕生日「シルバニアファミリー」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ