« 夏至&「節電チャレンジ」 | トップページ | 竹芸家 藤塚松星の世界 »

2011年6月23日 (木)

「川瀬忍の青磁 天青から 静かなる青へ」展

今日は大磯在住の陶芸家 川瀬忍氏の展覧会を紹介しましょう。

110623

川瀬氏は中国、官窯青磁の魅力に憧れ、自然界からの閃きを求め、そのつどテーマによる個展発表を続けてきました。これからも、土の持つ「柔らかな、温かみ」を表現したいそうです。

官窯青磁の魅力は「静かで、控えめで、温かく、柔らかく、見る人を吸い込んでいく」ところにあるようです。「見る人を吸い込んでしまう」と思う青磁は「フラッシュの光を吸収する」と2009年東洋陶磁学会の講演「魅せられた青磁と自作」で語っています。

この世界に飛び込んだのは、「高校を出てすぐ。いいも、悪いも、たまたま、家業だったからです。」とはご本人の弁です。彼の師匠は先々代、先代の川瀬竹春氏です。つまり先々代から見れば孫に当たります。

作品集は下記URLを参照下さい。
 http://www.shinobu-kawase.com/collection.html

「川瀬忍の青磁 天青から 静かなる青へ」展
作品展のプレリリースは下記を参照下さい。
http://www.musee-tomo.or.jp/pressrelease/05_26_Kawaseshinobu_press.pdf

« 夏至&「節電チャレンジ」 | トップページ | 竹芸家 藤塚松星の世界 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆貼箱のご注文1個から承ります☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お客様各位

平素は大変お世話になっております
突然メールで失礼致します。

◆こちらは京都を中心に陶器・漆器等用の貼箱を製造している鈴木紙器といいます
当店は最低ロッドを設けず1個から半端な数まで承っており 
法人・個人関係なくひろくご利用いただいています
新しい業者をお探しの方やお取引先が廃業で改めてお探しの方
または、催事、イベント、個展等をお考え方は
一度当店のホームページをご覧のうえ、ご検討よろしくお願いします

───────────────────────────────────
 ★京都からオーダーメイドでオリジナル紙器を★
───────────────────────────────────
紙器.紙工品製造
鈴木 紙器
℡.fax 075-501-5117
       Web http://suzuki-shiki.com/
     mail info@suzuki-shiki.com


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「川瀬忍の青磁 天青から 静かなる青へ」展:

« 夏至&「節電チャレンジ」 | トップページ | 竹芸家 藤塚松星の世界 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

NPOな人 椎野修平ブログ