« 梅雨寒の一日 | トップページ | アジリティ日本一決定競技会 »

2011年6月 2日 (木)

国会はやっぱり霞の向こうにある?

「東日本大震災の復興や原発事故の収束に一定のめどがついた段階」とあいまいな表現を引き出すことが今回の大きな政争だったの?

茶番劇です。
事前の報道各社の世論調査は首相や閣僚の手腕への懐疑的な見方が広がっていると、かなり国民を煽るような報道をしておいて、不信任案が否決されるや否や、NHKを始め、「なぜ今、不信任案なのか」というインタビューを多く集めて報道をしている始末。メデイアはもっと責任を持って欲しいと思います。

東日本大震災への対応を後回しにし、政争を優先するような展開に違和感は誰でもそのように感じたはずです。

民主党の混乱を招いて、理解に苦しむのは、小沢一郎元代表が不信任案へ同調を示し「倒閣」に向けて造反議員の拡大に動き混乱に拍車を掛けている行為。内閣不信任案に賛成するのであれば、まず民主党を離党するのが筋だろうと思うのが一点。

「総理大臣を終えた後、政界に残っちゃいけない」と語り、首相は退任したら政界を引退すべきだと。「自身も首相になって退任したら、次の選挙に立候補しないのか」と問われたのに対し、「基本的にそのように考えている」と答えた鳩山氏。そして「政治家たるもの影響力を残したい、という方が結構おられる。総理大臣まで極めた人がその後、影響力を行使することが政治の混乱を招いているんじゃないか」と語った。この発言??????。

そして今日の発言が菅首相の辞任の時期について「そう遠くない。夏というのは長すぎる」との認識だとまたまた??????。

この二人の責任は非常に大きいと思います。それに振り回されているから、絶対安定多数の269議席を大きく上回る300議席を有しているのにバタバタするのでしょう?

野党が政争にしたいのも分かります。しかし、今の日本には与野党は混乱を早期に収拾し、日々迫る国政上の課題に真剣に取り組んで欲しいと願うのみです。

« 梅雨寒の一日 | トップページ | アジリティ日本一決定競技会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51837688

この記事へのトラックバック一覧です: 国会はやっぱり霞の向こうにある?:

« 梅雨寒の一日 | トップページ | アジリティ日本一決定競技会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ