« アジリティ日本一決定競技会 | トップページ | 青年部壁画事業とアジリティ日本一決定競技会最終日 »

2011年6月 4日 (土)

爽やかな引き際?

年明けまでの続投に意欲をにじませた菅首相への反発が拡大し混乱が続いています。
こうした出処進退が取り沙汰されると、引き際を運命と定めて粛々と従い、「後進に道を譲る」として勇退をしてしまうタイプと、今まだやらなければ、積み残した課題等があると「続投」を貫こうとするパターンがありそうです。

引き際にも美学があります。

スポーツ選手の引退は国民に感動を与える場面が沢山あります。
長島選手の「我が巨人軍は永久に不滅です」と名言を残した引退シーン。
横綱千代の富士が「どんな偉大な力士でも、いつかは力が衰える。限界!」と爽やかに土俵を去ったシーン。

国会にはこうした感動を与える引退劇は記憶にありません。
もっと爽やかな、国民に夢を与えるような交代劇って出来ないのでしょうかね?
今日の天気のような梅雨の合間の爽やかな晴れ間を期待します。

« アジリティ日本一決定競技会 | トップページ | 青年部壁画事業とアジリティ日本一決定競技会最終日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51855843

この記事へのトラックバック一覧です: 爽やかな引き際?:

« アジリティ日本一決定競技会 | トップページ | 青年部壁画事業とアジリティ日本一決定競技会最終日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ