« ゴミ出し・無用の用の一日 | トップページ | 大磯町特別 川崎競馬 »

2011年6月16日 (木)

一般家庭の15%節電

原発停止に伴う真夏の電力不足を理由に大企業などの大口需要家に15%の削減を義務づける「電力使用制限令」が7月1日から発動されます。

JR東日本では、一部路線区で快速の運転を取りやめる他に、最大で4割減(通常の60%)の運行となります。東海道線は「東京~平塚」で15%減・「平塚~小田原」で30%減・「小田原~熱海」で20%減となる他に快速「アクティー」の一部が運転取りやめとなるなど、私たちの生活にも多少の影響もありそうです。

一般家庭でも15%節電を目標に色々なことが考えらます。そして、15%節電を達成した市民らに特典を用意する自治体もかなり出てきました。

神戸市では7~9月の検針票のコピーを提出してもらい、達成した市民を「省エネの匠」に認定、抽選で千人に2千円分のプリペイド式磁気カード乗車券「スルッとKANSAI」をプレゼントするそうです。

埼玉県所沢市では今年8月分か9月分の電力使用量を前年同月より15%以上減らした世帯に対し、コンビニエンスストアなどで使えるクオカード500円分を贈ると発表もしています。

こうした自治体のインセンティブの他に、経済産業省では、電力制約の国民生活や経済活動に与える影響を最小化するためには家庭での自発的な取組が必要だと。「家庭の節電宣言」をすることにより、削減を達成した場合に様々な恩典も用意して節電を呼びかけている。

詳しくは
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2011/051/shiryo2.pdf
を参照して下さい。

まず、私たちに出来ることと言ったら、不要な電気の消灯です。
私の事務所でも、入り口やスイッチの所に、このような張り紙をしました。

110616

110616_2

確かに廊下等を中心に事務所全体が暗くなります。
何となく気持ちまで沈みそうになるのを防ぐには、職員の明るさ、意気込みで明るさを補うしかありません。

« ゴミ出し・無用の用の一日 | トップページ | 大磯町特別 川崎競馬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51968180

この記事へのトラックバック一覧です: 一般家庭の15%節電:

« ゴミ出し・無用の用の一日 | トップページ | 大磯町特別 川崎競馬 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ