« 島崎藤村先生が取り持つ縁 | トップページ | 町議会議員が決まりました 4年間の活躍を »

2011年6月26日 (日)

平成23年 湘南邸宅文化ネットワーク協議会

標題の協議会の総会と勉強会が藤沢市の「蔵まえギャラリー」で行われ出席してきました。

110626

勉強会のテーマは
「まちの記憶を取り戻す」
湘南の地から応援する ~被災地の歴史的景観を取りもどそう~ です。

東日本大震災から3ヵ月余、復興の名のもとに被災したまちの「そのまちらしさ」が失われることが懸念されています。そのまちの風景を育んできた歴史的建物やまちなみを取り戻す方法を考えるのがテーマでした。

工学院大学建築学科の後藤 治教授から被災地に状況等の現状の説明や仮設住宅に対する実践的な取り組みの話がありました。後藤教授はかつては文化庁文化財保護部建造物課文化財調査官を務めており、歴史的建築物(町並)の保存・活用に力を注いでいて、その柔軟な発想力、冷静な観察眼を持ち合わせている教授です。

東日本大震災は、地域(まち)にとってシンボルとなるような多くの自然・文化遺産に甚大な被害を及ぼしました。その中には国登録文化財やそれに準ずる建物等も多くあります。

被災地は歴史的建造物どころではないというのが本音でしょう!
兎にも角にも自分たちの生活をどのように立て直すのかが先決です。
とても、歴史的建造物を始め保存などに気持ちが行かないのは当然のことと思います。

だからこそ、湘南邸宅文化ネットワーク協議会では、この一年間東日本大震災「自然・文化遺産復興支援プロジェクト」への協力を新たに事業計画に入れて推進していくことにしました。

« 島崎藤村先生が取り持つ縁 | トップページ | 町議会議員が決まりました 4年間の活躍を »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/52051338

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年 湘南邸宅文化ネットワーク協議会:

« 島崎藤村先生が取り持つ縁 | トップページ | 町議会議員が決まりました 4年間の活躍を »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ