« 平成23年 湘南邸宅文化ネットワーク協議会 | トップページ | ヒラメの稚魚放流に参加しませんか? »

2011年6月27日 (月)

町議会議員が決まりました 4年間の活躍を

26日、任期満了に伴う大磯町町議会議員選挙の投開票が行われて、14人の新議員が決まりました。
大磯町が抱えるいろいろな課題に取り組み、任期の4年間の間に、少しでも住みやすい大磯町になるように尽力されることを望みたいと思います。

町会議員の活動は、本会議に出席し、町提案の議案審議などを行うチェック機能だけではなく、町の抱える課題に関して日頃から調査研究等の自己研鑽の繰り返しが主たる活動だと思います。
そして、本日の選挙結果により有権者から信任を得て議員として当選したのですから、住民代表として住民意思を把握するための活動に精一杯頑張っていただければと望みます。

町民の町に対する思い、町民の期待は、町民の人口分の考え方があります。
それだけ議員の職務は多様化してくるはずです。従って専業化していく方向にあるとも感じています。

町民が議会に期待したいのは、町へのチェック機能を十分に発揮すると同時に、議員による政策立案などが今まで以上に積極的に展開されていくことだと思います。当然議会改革も同様です。

こうした議員活動の様子が見えないことにより、議員の職務が認知されていないことが町民との意識の乖離を生み出し、その結果が、議員自身も、議員報酬を下げれば良いとか、議員の定数が多すぎると言った、有権者向けするような公約が多く見られる要因になっているような気がします。

必要なのかも知れません。根本的な議会改革は違ったところにあるような気もします・・・・・・。

住民代表として政治にかかわる地方議会議員の職責又は職務を法律上明確に定義し、それら職務等を遂行するために必要な経費を受けることができるようにするなど、地方分権時代にふさわしい議員活動を保障するため所要の措置を講ずる必要がある。と地方自治法の改正を要望しているようです。

「地方自治法」には、知事や市町村長などの首長の職責の規定はあっても地方議員に関する職責規定はなかったようです。知りませんでした。

« 平成23年 湘南邸宅文化ネットワーク協議会 | トップページ | ヒラメの稚魚放流に参加しませんか? »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/52053218

この記事へのトラックバック一覧です: 町議会議員が決まりました 4年間の活躍を:

« 平成23年 湘南邸宅文化ネットワーク協議会 | トップページ | ヒラメの稚魚放流に参加しませんか? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ