« 旅先での番外編! | トップページ | 「僕らの酒」一緒に作ってみませんか? »

2011年5月 9日 (月)

事務分掌の落とし穴?

5月に人事交流を実施した私の会にとっては、ゴールデンウイーク明けの今日が実質的な新年度のスタートなのです。
若手2人を迎え、事務分掌の見直しを図るのは当然だと思います。
しかし、この事務分掌を完璧に作り上げると色々な障害が出てきます。
数百人を擁している組織であるならばいざ知らず、私のような10人にも満たない組織がこの事務分掌を極め細かく作り、それを忠実に実行していこうとすると組織の柔軟性が失われてしまいます。
むしろ、事務分掌なるものはない方が良いとさえ私は思っています。
強いて事務分掌が必要とするのであれば、せめて、入り口の段階で担当を決めておかないと交通整理が出来ないから定めておく程度にしか意義を感じていません。

入り口を入ってきた諸問題は、担当とする職員が中心となって、組織全体の問題として問題を共有して全員で問題解決に当たらなければ、人数分の仕事など出来るはずがないというのが私の持論です。

だから組織全員のコミュニケーションが大切になるんだと思います。
どうしたたら良いのか?

「敬すれば則ち心精明なり」
また、佐藤一斎の言志録を引用させてもらいます。

心に「敬」(心、散漫にならず、他に心を奪われない)があれば心にとりつく迷える考えがおこらないから、常に心は清く明るいまじるもののない状態にある。敬と誠(本当で嘘、偽りのない)の関係を説く。すなわち精明な心を持つ事は、常に爽快な気分でいられる。心の持ちよう、考え方で自分の状態が変わる。自分が変われば周囲も変わる。

私がこの心境にたどり着けば組織は変わるはずです。
それが出来ない場合には、私の心の中に、邪心、邪な考え方が存在しているという証なのだと思います。

自分自身にこのようなテーマを与えてこの一年頑張っていくことにしよう!

« 旅先での番外編! | トップページ | 「僕らの酒」一緒に作ってみませんか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51629438

この記事へのトラックバック一覧です: 事務分掌の落とし穴?:

« 旅先での番外編! | トップページ | 「僕らの酒」一緒に作ってみませんか? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ