« 無事に総代会が終わりました | トップページ | 私の救援物資? »

2011年5月21日 (土)

虎御石まつり 延台寺

この土・日は町中を散策する方が大勢います。
「おおいそオープンガーデン」を今日と明日の二日間で開催しています。

明日(22日)は安田邸の公開(申込みは定員数に達し締め切りになっています)もあり、また、延台寺では虎御石まつりがあります。

 ○日 時:平成23年5月22日(日)
      13:00~ 特別ご開帳
             虎御石に直接触れることが出来ます。
      14:30~ 「外郎売り」口上奉納

1119_toragoishi

     ▲
 虎御石(普段はこのように法虎庵曽我堂に納められています)
この虎御石に触れると安産・厄除け、大願成就にご利益があるとされています。

以下の説明文は isotabi.com から引用しています。

山下長者はなかなか後継ぎの子供に恵まれませんでした。
あるとき妻が、虎池弁財天に祈願を思いたち日夜お願いしたところ、夢枕に弁財天が現れました。翌朝、美

しい石が置かれており、その石を日夜礼拝していたところ、めでたく女児を授かりました。1175年のことです。
虎池弁財天より「虎」の字をいただいて「虎」と名づけました。

虎女が大きくなるにつれて石もまた大きくなっていく。人々は生石といって不思議がり、山下長者はありがたい霊験にお堂を建てて、弁財天とともに虎女の守り本尊としました。この石こそ「虎御石」です。

曽我十郎の仇討ちの相手、工藤祐経は仇討ちの気配に気付き、十郎が山下長者の屋敷にちょくちょく来ることを知り、刺客を差し向けました。
十郎めがけて矢を射かけたが、矢は見事にはね返され、続いて太刀で切りつけたが歯がたちませんでした。
よくみればそれは大きな石であり、刺客は驚いて逃げ帰りました。
その大きな石こそ「虎御石」であり、矢の当ったあたりに矢きずのくぼみができ、長い刀きずもついていました。それ以降、「虎御石」を「十郎の身代わり石」とも呼ぶようになりました。

周囲86㎝、重さ130㎏。

1119_endaiji

     ▲
    延台寺

« 無事に総代会が終わりました | トップページ | 私の救援物資? »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51728730

この記事へのトラックバック一覧です: 虎御石まつり 延台寺:

« 無事に総代会が終わりました | トップページ | 私の救援物資? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ