« 今日の大磯は「虎が雨」 | トップページ | 愛猫との会話 »

2011年5月29日 (日)

観測史上2番目の早い梅雨入り

気象庁は27日、金曜日に関東甲信と東海地方が梅雨入りしたと見られると発表しました。
いずれも平年より12日、昨年より17日も早い梅雨入りです。

本日予定されていた催し物は全てが中止、または延期。
思い掛けない骨休めの一日になりました。

関東甲信は統計を取り始めた1951年以降で2番目の早さとのことです。一番早かった梅雨入りは1963年の5月6日頃だそうです。東京オリンピックの前年、昭和38年です。
梅雨入りが早いと梅雨明けが早い!
そうであれば、早い梅雨入りも歓迎ですがそうはいきません。

じめじめした陽気が7月中旬過ぎまで続きます。
どうしても梅雨はマイナスイメージの方が強いです。

梅雨と言えば紫陽花。しとしと降る雨に淡い色合いが良く似合います。
いやぁー、紫陽花だけではなく花びらや葉っぱに付いた水滴が花を引き立ててくれます。
それぞれが美しいと感じるのもこの梅雨時です。

東海道の石畳。これも梅雨時には趣がありますね。
ツバメの巣立ちもこの時期です。

こうした梅雨時にしか見られない風情を楽しみたいものです。

« 今日の大磯は「虎が雨」 | トップページ | 愛猫との会話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51802225

この記事へのトラックバック一覧です: 観測史上2番目の早い梅雨入り:

« 今日の大磯は「虎が雨」 | トップページ | 愛猫との会話 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ