« 第15回春季大磯町民ボウリング大会 | トップページ | 津波を避けた街道整備 »

2011年4月25日 (月)

第23回なぎさの祭典「夏!!大磯!!祭!!」の行方?

本日、第23回なぎさの祭典「夏!!大磯!!祭!!」の実行委員会を開催しました。
11日のブログで「東日本大震災の発生から1ヶ月が経過しました。今日も余震とは思えぬ大きな揺れが被災地を襲っています。ライフラインの復旧が未だに開通しない地区。福島原発の先の見えぬ恐怖が日本中を覆っています。そして日本中に「自粛」という名の重苦しい空気が漂っています。」とコメントをしました。

今日の実行委員会でも最初から実に重い空気が漂っていました。
私はイベント開催に向けての積極派です。しかし、大方の意見は、もし同イベントを開催中に津波警報等が発令された場合にイベントに集まってきた方々の避難誘導が明確に示すことが出来ない限り開催は不可能だという結論に達しそうです。
一両日中に正式なプレリリースがあると思います。

港で開催するイベントです。
逆に、今までこのような対策が取られていなかったのか?という根本的な問題になります。

周辺の市町が早々と花火大会等のイベントの中止声明を発表しているために、その中で大磯町だけが何故、実施するのかと言った考え方が支配し遠慮したのだと思います。

これがポピュリズムが良いのか?悪いのかとの評価が分かれるところです。

« 第15回春季大磯町民ボウリング大会 | トップページ | 津波を避けた街道整備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51494742

この記事へのトラックバック一覧です: 第23回なぎさの祭典「夏!!大磯!!祭!!」の行方?:

« 第15回春季大磯町民ボウリング大会 | トップページ | 津波を避けた街道整備 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ