« Windows7に苦戦 | トップページ | 里山再生プロジェクト参加者募集中 »

2011年4月13日 (水)

評価の難しさ

事務局長会議で横浜に。
本日は議題の一つに職員の目標設定・達成度管理シートについての説明がありました。

評価をするよりされる側の方が楽かも知れません。
人に与えられた平等の一つに時間があります。
1日は24時間ですが、私は時間は自らが作り出し、探し出すものだと思います。
だから、忙しい時ほど、アイデアが浮かびます。

仕事は基本的には任せるものです。当然、任せると放任との見極めをきちんと付けるべきですが。

目標を設定し、管理シートで一つの課題を与えることは大切だと思いますが、このリストを作ることにより時間を無駄にしてしまうようでは元も子もありません。
私は形を整えるより、根本的なことに遡って解決する方が大切だと思います。
どうしたらこのような形式を取らなくても仕事の出来る環境が出来るのか?
こちらの方が大切だと思います。

禅の言葉で「冷暖自知」という言葉があります。
言葉や理論で説明してもなかなか本当のことは分かりません。
自らが流れの中に手を実際に入れてみて初めて「冷たい」「暖かい」の実感を得るものです。
実体験に勝る何物もありません。

こうした「冷暖自知」の繰り返しで「人材」が「人財」に育つのだと思います。

信頼して任せきる「度量」、口を出したいが一息、飲み込んで堪える「我慢」、そして最終的な責任はいつでも取ることの出来る「覚悟」の三つを兼ね備えていなければ評価をすることは出来ません。

すると自分は・・・・・・。「悩みます」

« Windows7に苦戦 | トップページ | 里山再生プロジェクト参加者募集中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51381872

この記事へのトラックバック一覧です: 評価の難しさ:

« Windows7に苦戦 | トップページ | 里山再生プロジェクト参加者募集中 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ