« 大磯運動公園のカワズ桜と菜の花 | トップページ | 邸園文化交流園・大磯 »

2011年3月 7日 (月)

3月7日付 よみうり寸評から

子供の頃から知り合いのおばさんが年5万円、5年で25万円の政治献金をしてくれた。少年は政治家になり、外務大臣になっていた◆これだけなら、いいかたちの個人献金で美談のたぐいともいえる。おばさんは在日韓国人だ。京都で焼き肉屋を営んでいる◆外国人の政治献金は法が禁じている。それをおばさんは知らず、外相は献金の事実を知らなかった。おばさんは残念がったが、外相は脇が甘いと言われても仕方がない。職務が職務だから、とりわけ厳正に守るべきルールだ◆そのうえクリーンを標榜(ひょうぼう)し「政治とカネ」には、批判の目を人一倍持っていた経緯もある。ということで前原外相が辞任した。やむを得まい◆職責上当然、潔いとも言えるが、先々の政治生命を思えばそれが身のためとか、泥船から逃げたの見方もある。危険水域の政権からポスト菅の最有力候補が先に消えた◆厚労相の辞任ドミノも心配される。〈そして誰もいなくなった〉――アガサ・クリスティーの小説の題が頭に浮かんでくる始末だ。

ここまで読売新聞をよみうり寸評を引用

そして内閣支持率が24%と最低。
早期退陣を51%。
民主党の支持が18%。
マニフェストを見直すべきが78%
支持政党なしが52%

こうした世論調査の結果を見てみると、日本の国会は議会民主制が崩壊し、確実に直接民主主義に近づいているように感じます。だから、マニフェストがどんどん大衆受けするような身近なものに偏っていくんだと思います。
色々な考え方の近い議員が集まって日本の将来を論じていくために政党は必要だと思います。
しかし、全ての議案に党議拘束をかけるのもおかしいですよね?国民から選ばれた議員ですよ!
本会議に提案された議案は、それぞれの議員の判断に任せれば良いのではないかと思います。

« 大磯運動公園のカワズ桜と菜の花 | トップページ | 邸園文化交流園・大磯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51062615

この記事へのトラックバック一覧です: 3月7日付 よみうり寸評から:

« 大磯運動公園のカワズ桜と菜の花 | トップページ | 邸園文化交流園・大磯 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ