« 東日本を襲った巨大地震 | トップページ | 影響がじわじわと »

2011年3月12日 (土)

東北地方太平洋沖地震の記録

3月11日午後2時46分頃、そろそろ今年の第1回なぎさの祭典実行委員会が終わろうとしていました。確定申告の終盤を迎え、自宅でも深夜までの作業も続いていました。議事録をまとめようと下を向いて一生懸命書いていました。う~ん。気持ちが何となく悪いな?血圧が上がったのかな?隣の委員が「揺れているよな?」「揺れている?地震か?」
町役場の4階の委員会室が静かに横揺れをしています。その内に会議に出席をしていた委員全員が気づき始め、「長いなー」「これは大きい地震になるぞ?」そんな会話が出来るほど長かったです。
その内に縦揺れも含め、大きな地震がやってきました。

すぐにワンセグを視ると、震源地が三陸沖だと判明。役所の人は防災対策室のメンバーも呼び出され、私も事務所にすぐに戻りました。
事務所に戻ると、一応の冷静を取り戻して、ホットしていると、また次の揺れが。私の事務所は結して新しい建物ではありません。確定申告に来ていた会員さんを全員に表に非難誘導。
電線や電柱が揺れ動くような地震は久しぶりです。

その後は、今夜の会議の中止案内をするにも、携帯電話や固定電話もほとんどつながらず。
「FAXで同報案内を!」「電話がつながらないのにFAXは届くんでしょうか?」「届く訳がないじゃん???」「そうですよね!」「ダメじゃん」
このような時は、時として会話が成り立たなくなるんです!
停電にはならなかったので、メールアドレスを持っている会員には同報メールで対応。

夜まで、会員の状況を調べるが特に大きき被害は出ていない様子。
町に確認をしても同様の結果。

次は、職員をどのように帰宅をさせるかが問題です。皆、比較的近場から勤務をしていますが、在来の交通機関はストップ。国道は西湘バイパス等が大津波警報の発令により通行止めのために大渋滞。
指導車の乗り合いや事務所の自転車で帰宅する職員etc・・・・・・。無事にその日の内には辿り着いたようです。

そして、次の日に予定されていた「第2回大磯運動公園まつり」の中止の案内等で忙殺。
この地震は「東北地方太平洋沖」と命名されました。

被災から1日を経て被害状況が克明になるほど、津波の破壊力の強さに驚きを禁じ得ません。
東京電力福島第1原発1号機で、午後3時36分ごろ、爆発音とともに白煙が上がった事故で、福島第1原発の半径10キロ以内の住民に出された避難指示は半径20キロ以内に拡大された。福島県が住民に避難を要請するなど新たな懸念する要素も発生しています。心配です。

まだまだ多くの方が孤立しているそうです。
無事をお祈りしておりますと共に、亡くなられた方々へのご冥福をお祈りいたします。

« 東日本を襲った巨大地震 | トップページ | 影響がじわじわと »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/51102301

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震の記録:

« 東日本を襲った巨大地震 | トップページ | 影響がじわじわと »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ