« 無用な人は一人もいない | トップページ | 節分・春節 »

2011年2月 2日 (水)

ごみ袋の入札を実施

大磯町商工会は町から町指定ごみ袋の取扱いに関する委託業務を受けています。
町の業務の一環ですから納入業者を競争入札で決めなければなりません。

国や地方公共団体の契約は原則として一般競争入札によらなければならないと事細かに会計法で定められています。それに準じて入札を実施しました。
最近は原油も投機の対象になっているのかかなり高めに推移しています。ここでは円高が有利に働きます。それでも各社は円高で吸収できそうにもない価格で応札をしてきます。
本当にこれで良いのかな?これが本当の適正な競争なのだろうかとも?

こうした私どもの事業の中で、デフレ下の経済を懸念します。そして高値で安定してしまった円高です。
その原因は何なのでしょうかね?何とかして欲しいと思いますよね。

日本経済は先進諸国等と比較して際立って悪化しています。
日本が諸外国より景気悪化が深刻なのにも関わらず、日本の円が買われて円高になっています。

日本が膨大な財政赤字を抱えていることは、ニュースでイヤと言うほど聞かされています。
一方で、実は日本は膨大な金額の対外資産を有してもいます。

日本の対外純資産残高は2009年末で250兆円となり過去最高を更新しています。
統計を公表している国の中では、19年連続で世界最大の債権国となったとみられる。
対外純資産とは、日本の居住者が外国に対して持っている資産と、負債を差し引きしたものだ。対外資産は610兆円、対外負債は360兆円だという。

これほど巨額の対外資産を有している国は、他にありません。
日本は世界でズバ抜けた金額の対外資産を有する国、つまり債権国なのです。

私たちに理解できないことがこのあたりにありそうです。

デフレも雇用も確保され名目賃金も維持されれば実質購買力が高まり生活向上につながるかも知れません。しかし、雇用は悪化して完全失業率は大幅に上昇して高止まり。賃金水準も下降。職を失ったり賃金カットに出会うかもしれない不安。希望が無くなるような要素はいくらでも列挙が出来るのに・・・・・・。

だから、どうしたらいいのさ?
それば分かれば私が総理大臣になっている。

« 無用な人は一人もいない | トップページ | 節分・春節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/50760113

この記事へのトラックバック一覧です: ごみ袋の入札を実施:

« 無用な人は一人もいない | トップページ | 節分・春節 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ