« 歴史的建造物(大磯駅前洋館)保存活用検討委員会(その1) | トップページ | 第2回大磯運動公園まつり »

2011年2月26日 (土)

歴史的建造物を活用したまちづくり

昨日は大磯駅前の歴史的建造物の保存活用検討委員会があました。
そのヒントが茨城県桜川市真壁地区あるので行ってきました。

真壁町では、市街地を中心に260を超える蔵や門などの文化財に値する建造物が確認されており、そのうち、実に104棟が国の文化財として登録されています。そして活用されています。
このような小さな町でこれだけ多くの「登録文化財」を有している町を他に知りません。

とにかく、街を歩くと懐かしい風景に沢山、出会うことが出来ます。

0226

     ▲
  このような登録文化財が沢山あります
具体的には、建築後50年以上たっているもので、
(1)特別な愛称で広く親しまれていたり、その地域の特色をよく表しているもの
(2)デザインが優れていたり、時代や建築の特徴がよく出ているもの
(3)再現することが難しく、技術が高い、また、珍しいデザインの建造物 
などが、登録の対象となっています。

本当は、ゆっくりと一つ一つの登録文化財を見て廻りたかったのですが2月4日から3月3日迄の期間、「和の風第九章 真壁のひなまつり」が開催されているために街中がごった返していました。

第九章とは第九回目のことです。
「寒い中、真壁に来てくれた人をもてなそう」
この一言からこの真壁のひなまつりは始まったんだそうです。
それが、商店を始め一般家庭の参加が年々増えて今年は193軒です。
始まったきっかけになった「合い言葉」の通り、何とおもてなしの心が行き届いていることか。
店先、庭先を開放して来る方を手作りのおかしやお茶を振る舞って街中で歓迎をしています。

0226_2

0226_3

0226_4

0226_5

この春に「オープンガーデン」を実施します。
こんな、おもてなしの心が街中に浸透してくれれば、どんなに素晴らしいことか?
ここに、観光の原点を見たような気がします。

そして、中学生たちが前に看板をぶら下げて大きな声で何か呼び掛けていました。
何かの募金でも?と思って振り向くと「ガイドボランティアをします」と。
驚きました。こうした経験を通してこそ、真の地元への愛着が育まれるのだと思います。

大人のボランティア?名誉のために記載しておきます。
平成22年から街並み案内ボランティアを行っているそうです。案内はご好評で、事前予約を受け付け重要伝統的建造物群保存地区の街並みや、登録文化財になっている建物の案内を中心に案内を行っています。料金は無料ですが、ほとんど予約で一杯になっています。

いずれにしても気持ちの良い一日を過ごすことが出来ました。
改めて、写真を撮りに行きたいと思います。

« 歴史的建造物(大磯駅前洋館)保存活用検討委員会(その1) | トップページ | 第2回大磯運動公園まつり »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/50977593

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的建造物を活用したまちづくり:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/02/27 08:52) [ケノーベル エージェント]
桜川市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 歴史的建造物(大磯駅前洋館)保存活用検討委員会(その1) | トップページ | 第2回大磯運動公園まつり »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ