« 第2回大磯運動公園まつり | トップページ | 政治は本当に国民目線? »

2011年2月28日 (月)

商工会の改革実行について

本日は標題の研修会で東京都商工会連合会で研修を行いました。
神奈川県商工会連合会では人事交流等、人事の一元化が全く進みません。
大磯町商工会では会長と私の事務局長とでは考え方が一致しています。
しかし、私たちの考え方は少数派です。

商工会を活性化させる原点は職員のやる気一つだと思います。
どこに視点を置いて自己研鑽をしているのか?
会員のためにどれだけ骨身を削っているか?というと何となく優等生的な答えになってしまいます。
私はこのブログでそれは結果だと指摘をしてきました。
内面を高めるような自己研鑽を日頃から心掛けていれば、それが自然と会員のためにつながっていくものです。最初から犠牲的精神で取り組んでいれば、負担も大きくなり長続きをしなくなってしまいます。
自分のことだから、どんな状況でも頑張れるんだと思います。

昨日の世界選手権の男子代表選考会を兼ねた東京マラソンでは、川内優輝(埼玉陸協)選手が2時間8分37秒で3位に入り、世界選手権代表に内定しました。川内選手は埼玉県立春日部高定時制職員の市民ランナーです。日本人選手が国内レースで2時間10分を切ったのは08年12月の福岡国際以来という快挙です。練習や強化が宿を中心に行っている実業団選手はどうしたんでしょうか?
川内選手はチームもコーチもいない今のスタイルを続けると言います。
更に「日の丸を背負って走るからには入賞が目標」と世界選手権への決意を語っていました。

心から応援をします!ガンバレ!川内選手!

« 第2回大磯運動公園まつり | トップページ | 政治は本当に国民目線? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/50998979

この記事へのトラックバック一覧です: 商工会の改革実行について:

« 第2回大磯運動公園まつり | トップページ | 政治は本当に国民目線? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ