« 未恋女子 未恋男子 理解できますか? | トップページ | 娘が持参した「のぼうの城」 »

2011年1月 7日 (金)

教育勅語の12の徳目

昨日の後半に何となく教育勅語のことに触れました。
私はこの教育勅語の一部分を見直して、現在の教育の一部に取り入れても良いのではないかと思っています。
教育勅語は、戦前・戦中に過剰な神聖化がなされた経緯もあり、思想や良心の自由を否定している。そして、軍人の規律を説く軍人勅諭と同列のものであり、軍事教育や軍国主義につながるとの否定的な意見もあります。
一方では、現代の教育においては道徳的な欠落がありすぎてそれを補うものが教育勅語にあるからこそ、教育の一環として取り入れている学校もあります。

そして国際的には国際人権法に基いて絶対的差別禁止を求める中においても、教育の目的の一つに「両親や家族の尊敬、尊重」が掲げられたのもこの「教育勅語」が参考にされています。

1.親に孝養をつくそう(孝行)
2.兄弟・姉妹は仲良くしよう(友愛)
3.夫婦はいつも仲むつまじくしよう(夫婦の和)
4.友だちはお互いに信じあって付き合おう(朋友の信)
5.自分の言動をつつしもう(謙遜)
6.広く全ての人に愛の手をさしのべよう(博愛)
7.勉学に励み職業を身につけよう(修業習学)
8.知識を養い才能を伸ばそう(知能啓発)
9.人格の向上につとめよう(徳器成就)
10.広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう(公益世務)
11.法律や規則を守り社会の秩序に従おう(遵法)
12.国難に際しては国と天皇のため力を尽くそう(義勇)

確かに12番目の項目には違和感を覚えます。
「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」の部分は、戦争が起こったら兵隊に行って戦い・・・・・・。このくだりは私も抵抗を感じる部分です。

「我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ」の部分が神が国を作ったという神道的な考えなのではないかと指摘するのであれば修正をすれば良いではないですか?

しかし、これ等がどうして軍事教育や軍国主義につながるのかは理解できません。
こうした違和感を感じる部分を除去すれば、その他の内容については現代にも共通する部分は多いと感じます。感じると言うより、こうした考え方が今の社会には欠落しすぎています。

« 未恋女子 未恋男子 理解できますか? | トップページ | 娘が持参した「のぼうの城」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/50521455

この記事へのトラックバック一覧です: 教育勅語の12の徳目:

« 未恋女子 未恋男子 理解できますか? | トップページ | 娘が持参した「のぼうの城」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ