« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

体は休息・心を遊ばせない

今日で1月も終わりです。
この1月は雨が全くと言っていいほど降らずにカラカラ天気続きです。
従って乾燥注意報が30数日も続いています。

そして今夜はいきなり、アルキメデスの話題です。
アルキメデスは王様から職人に純金製の王冠を作らせましたが、その職人が純金の王冠に銀を混入させて金を誤魔化しているのでは?と言う疑惑が持ち上がりました。そして、王様はアルキメデスに王冠を壊さずにこの疑惑を解明せよとの命題を与え、アルキメデスはハタと考え込んでしまいました。王冠の重さは最初に渡した純金と同じ。体積は加工してあるので測定できない。

しかし、さすがは普段から研究熱心であるアルキメデス。風呂に入ってあふれる水を見てひらめきました。
同じ大きさの器を用意して水で満たし、純金を入れた時、王冠を入れた時の溢れた水の量を測って、その違いから王冠に混ぜ物がしてあることを証明をしました。

今夜は別にアルキメデスの法則を論じるために書いた訳ではないんです。
研究熱心の人は例え、お風呂に浸かっている時でも、心を遊ばせていないんだと思っただけです。

まだまだ私も現役です。かと言っても四六時中仕事をしていなくてはならないことはありません。
当然です。そんなことをしていたら本当に体がもちません。
だから適当に休息をしたり、あるいはレジャー、気分転換が必要になります。

体は休息させて遊ばせるのは良いですが、心まで休ませ、遊んでいるということはあってはならないと。
政治家であるのであれば政治のことを、経営者であれば経営のことをどこかしらで考えているということが大切だと。私が言った訳ではありません。松下幸之助翁の言葉です。

これは難しいですね。
今夜も週一の気分転換?スポーツ?
ボウリングのリーグ戦に行ってきました。
このようなことを試合中に考えるから自分にあったレーンであってもスコアが伸びない?
確かに、若い時のように何も考えずにスポーツでも趣味の世界でも没頭できることが少なくなりました。
色々なことが年がら年中頭の中を駆け巡っています。
しかし、こう思えることが幸せだ。と感じます。

2011年1月30日 (日)

3市2町親善ボウリング大磯大会

定期的に茅ヶ崎市・平塚市・秦野市・寒川町と大磯町の3市2町で親善ボウリング大会を実施しています。
1月は毎年、大磯町が主管で同大会を行っています。
今日も各市町から72名の選手が参加して4ゲームで2011年最初の覇者を争いました。

さすが地元の大磯の選手は日頃から慣れたレーンでハイスコアが続出です。
5位までに3人が地元の大磯で占めるなどホームゲームの利を最大限に発揮した大会になりました。

0130_b

     ▲
  優勝した井沢選手(大磯)8フレームまで連続のストライク
  9フレームの投球です
  残念ながら7カウント。これをミス。260ゲームで終了

優勝から第3位まで4Gトータルで900アップ。
息子も3位入賞と頑張ってくれました。

0130_b_2

本当に最近の大会はアマチュアでも非常にレベルが高いのに驚きます。
今日は主催者なのでじっと運営等で観戦です。
しかし、ボウリングは観戦するスポーツではありません。
やはり、その輪の中に入って一投に一喜一憂しなければおもしろくありません・・・・・・。

2011年1月29日 (土)

2個目のランドセル!あと3個です

のんちゃんのランドセルを皆で買い物に行きました。
今春に新入学を迎える次女のランドセルは長女のランドセルと違って実用的なものに。
長女の教訓が活きているようです。
のんちゃんも体格がしっかりしているとはいえ所詮は6歳児です。
小学生1年生でも5時間授業になると教科書やその他の教材をランドセルに入れるとかなりの重さになることを長女の経験からがパパ・ママの選択肢の一つになったようです。

じぃじ、ばぁばは当人が気に入ってくれるのが何よりです。
早速、ランドセルを背負ってご機嫌ののんちゃんでした。

0129

子どもを育てる基本は「家庭」にあります。
「学校」や「地域」の協力も絶対的に必要です。
昨日、東京高裁は控訴審判決で「思想・良心の自由を定めた憲法に違反しない」と入学、卒業式で教職員が国旗に向かい起立して国歌斉唱することを義務づけた東京都教育委員会の通達について、合憲の判断を下しました。

春の門出の季節を迎える時に国旗、国歌を尊重するのは当然だと考えます。「強制」などと反発する教師の政治的な動きこそおかしいし、そうした教師に子どもや孫たちを預けたいとは思いません。
第一、新入生等を祝う節目の行事で、一部教師だけ不起立の光景は異様です。まして、国際社会でも自国や他国の国旗、国歌に敬意を払わない態度は認められないはずです。

国旗及び国歌に関する法律(平成11年8月13日法律第127号)では、
第1条 国旗は、日章旗とする。
第2条 国歌は、君が代とする。 とされています。

一部には国旗」掲揚や「国歌」斉唱、その強制には憲法上大きな問題があり、憲法19条が保障する「思想・良心の自由」に含まれていて「正しい愛国心」の強制だと言う意見もあります。
人それぞれに違った考え方があるのも理解します。
しかし、こと教師という立場であれば自制する心がなければ、子どもに教育が出来ないではないですか?

それでも自制が効かないのであれば「イヤならやめろ」と言わざるを得ません。

2011年1月28日 (金)

風情がある昔の古い窓ガラス

先日、沼津方面に行く用があったついでに沼津の御用邸に行ってきました。
沼津御用邸は明治26(1893)年、大正天皇(当時は皇太子)のご静養のために造営されたたてものです。気候が温暖な上、前面には駿河湾、背後には富士山という風光明美な地で明治22(1889)年に東海道線が開通して、東京からの交通の便がよくなったことも理由の一つでしょう。

今ほどサッシが普及していない時代の木造の格子窓はガタガタと揺れ、風の音楽は良く聞こえるし、良く言えば非常に風通しが良かった、そんな風景を思い出します。
ペラペラで少し歪んで見える明治期を思い出されるあの窓ガラス。
最近では歴史的な建造物を中心に僅かに残るばかりですが、さすがにこの沼津御用邸にはしっかりと残っています。

0128

     ▲
  結して瓦がずれている訳ではありません。
  今のような板ガスであればもっと素晴らしい風景が・・・・・・。

窓ガラスの歴史って意外と古いのに驚きました。3世紀頃のローマでも確認されているそうです。
日本でも17世紀~18世紀にかけて板ガラスが輸入され僅かではありますが作られてもいたようです。
日本で一般的に窓ガラスが使われるようになったのは明治維新後であり、官営品川硝子製造所をはじめ円筒法での国産化が試みられていきました。現在ある板ガラスメーカーが登場したのは明治後期のことです。

沼津御用邸の本邸は明治25年末から翌26年にかけて最初の新築工事が行われ、同年7月に竣工しました1,200平方メートル(370坪余り)の木造平屋建ての和風建築です。
御座所(居間)、御寝室、御食堂、湯殿、臣下詰所などを含む施設を見ることが出来ます。

2月に入る庭園には梅も咲ほころんできます。
ひな祭りも始まるのかちょうど準備をしていました。ちょっとした気分転換には最高のところでした。

0128_2

2011年1月27日 (木)

人間の耐用年数?

今日は年一回の健康診断です。
健康診断後の総合判断では特に大きく気になるような所はないようですねとの所見。
それでも、健康診断の度に虚血性心疾患の疑い、血圧、尿酸値高いと再検査の通知が届くのではと思います。まあー、届くとすればそれはそれで想定内です。

日本人の耐用年数(確定申告が近いのですぐにこのような表現になってしまいます)。世界保健機関(WHO)が2010年版「世界保健統計」を発表したその結果によると、日本人の平均寿命は83歳で、欧州のサンマリノと並んでWHO加盟193か国中1位だったそうです。男女別で見ると女性が86.44歳で、フランス、アンドラ、モナコの85歳を抑え、単独1位。一方、男性は79.59歳で、それでも前年の4位から5位に順位を下げているんだそうです。

一方で平均寿命の低い国はと言うと
1.スワジランド39.6歳
2.モザンビーク42.1歳
3.ザンビア42.4歳
4.シエラレネオ42.6歳
5.レソト42.6歳
モザンビークとザンビア以外の国は知りません。
日本の半分にも届かない国が世界にはまだまだ沢山あるんですね!

そこで、私の現在年齢を世界の平均寿命に当てはめるとミャンマー、ハイチ、東ティモールあたりに該当します。
ランキングが150位前後です。【出典は国連(2005-2010)】

減価償却資産の耐用年数表には50年迄しか記載されていません。
鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造の事務所用の建物が耐用年数が50年です。(実際にはメンテナンスの仕方で有に50年以上は使用できます)
車両の耐用年数でも6年です。

まだまだ世界的に見ても若いんです。
もう少し手入れをして、もう少しだけ頑張らなければいけませんね。
そんな気にさせる健康診断の一日でした。

2011年1月26日 (水)

農商工連携マッチングフェアin神奈川

私どもの上部団体である、神奈川県商工会連合会では、全国商工会連合会と共同開催で日本のモノ作り産業の優れた技術を有する中小企業事業者等と地域を支える農林水産業を結びつけることにより「農商工連携」による新たなビジネスマッチングフェアを開催します。
農林水産業の方や地産地消に関心のお持ちの方とのネットワークを広げるチャンスです。
「食」の新商品や「新製品」の開発などに携われている方や地元の食材・加工品に興味のある方のご参加をお待ちしております。
是非ご参加下さい。

Photo

2_2

2011年1月25日 (火)

第24回東海道シンポジウム吉原宿大会の日程決定

本日、駿河吉原宿(富士市)で歴史の道東海道宿駅会議の役員会がありました。
第24回東海道シンポジウム吉原宿大会の日程が決定しました。

 ○日 時:平成23年10月8日(土)9日(日)
 ○会 場:ラ・ホール富士(富士市勤労者総合福祉センター)

詳細は随時アップします。

富士市と言えば何と言っても「富士山」
目の前にど~んとそびえ立つ富士山はさすがに雄大です。
今日の会議場であるビジネスホテルは北側に窓が開かれていました。
陽当たりを考えれば南側に開かれているのが普通ですよね。
北側が開かれていると言うことは「富士山」が望めることです。

地方から来る方にとっては「富士山」は一種の羨望の眼差し。
しかし、地元の方には毎日、それも生まれた時にはもう後背地に「富士山」がそびえているのが当たり前にして育った全くの日常的な風景。それだけに会話にも冨士山等の話題も余り出てこないとのこと。
何か分かるような気がします。

富士山観光交流ビューローの方もこの点は懸念されていました。

吉原宿は東海道五十三次の14番目の宿場です。
江戸時代から陸上交通や水運の拠点であった他、富士参詣の宿駅としても機能していたようです。

吉原宿は当初、現在のJR吉原駅付近にありました。(元吉原)が、1639年(寛永16年)の津波により壊滅的な被害を受け内陸部の現在の富士市依田原付近に移転しました(中吉原)。しかし1680年(延宝8年)の津波により再度壊滅的な被害を受け、更に内陸部の現在の吉原本町に移転した経緯があります。

結果的に、それまで(江戸から京に向かった場合)右手に見えていた富士山が左手に見えることから「左富士」と呼ばれる景勝地となったそうです。往時は広重の絵にあるような松並木でしたが、現在は1本の松の木が残るのみです。

0125

0125_2

2011年1月24日 (月)

確定申告が近づきました

2月が目の前です。2月が近づくと確定申告指導が間近になります。
税務署はe-Taxの普及をしてくれるようにと会議等機会がある度にe-Taxの促進のお願いをされます。

e-Taxを利用する場合には確定申告書等作成コーナーから、e-Taxへ申告データを送信するために環境を満たす必要があります。それなりの準備が必要です。

まず、住民票のある市町村役場の窓口で、住民基本台帳カードを入手し、「電子証明書発行申請書」などを提出して電子証明書(公的個人認証サービスに基づく電子証明書)の発行を受ける必要があります。当然手数料が掛かり有料です。

住民基本台帳カード取得時に同時に電子証明書の発行を申請すれば、カードの中に電子証明書が納められます。住民基本台帳カードの有効期限は10年ですが、電子証明書の有効期限は3年です。
しかし、カードに表記されている有効期限は10年先の年月です。
以外とこれを理解をされている方が少ないんです。ご注意をして下さい。

まずは無事に電子証明書を手に入れました。
次に、電子証明書を手にした後に、住民基本台帳カードに格納されていますので、別途、電子証明書に適合したICカードリーダライタが必要になります。当然このICカードリーダライタを購入すれば数千円の出費となります。「接触型」「非接触型」「共用型」があり、住民基本台帳カードの種類によっては「接触型」が使えない場合があります。色々の種類があります。

そして、このe-Taxを利用する利点は所得税額から最高5,000円の控除が出来ます。
ただし、平成19年分から平成21年分の確定申告でこの控除を受けた方は、この適用を受けることが出来ません。つまり、1年限りと言うことです。

確かに「確定申告書等作成コーナー」で作成した申告書等のデータは、e-Taxを利用し自宅から税務署に送信できるのでパソコン等に慣れている方にとっては非常に便利だと思います。

しかし、こうしたシステムの導入により国税局の省力化につながる筈です。
そうすれば1年限りではなくもう少し長いスパンやもう少し違ったインセンティブがあっても良いのではないでしょうか?

私たち商工会では代理送信が出来ません。
こんな話題も含めて今日は税理士協会の役員との懇談会に横浜に行ってきました。

2011年1月23日 (日)

第5回湘南国際マラソン無事に終了しました

20,025人のランナーが湘南の風を感じ、それぞれの目標に向かってスタートラインに着きました。

0123_6

     ▲
    開会式
  壇上には次の方達がいらっしゃいます

フルマラソンには、早稲田大学時代には箱根駅伝5区で驚異的な走りを見せ新記録を樹立。早稲田大学2連覇に貢献し「山上りの木下(旧姓)」の異名をとった金 哲彦さん。
シドニーオリンピックで日本人トップの成績を収めた、フルマラソンの最高記録は2時間09分04秒の記録を持ち、2002年から2008年まで東洋大学陸上部の監督を務めた川嶋伸次さん。
2009年のホノルルマラソンでは、4時間09分46秒の記録を保持しているタレント・女優として活躍中の安田美沙子さん。(すごい人気があったようです)
サッカー元日本代表の名良橋 晃さんがゲストランナーとして参加。

ハーフマラソンには、1991年東京国際女子マラソンで優勝、1992年ゴールドコーストマラソン(豪)優勝、1994年パリマラソン優勝で2時間27分55秒の大会新を出し、女子マラソンの草分け的な谷川真理さん。
ワハハ本舗所属の猫ひろしさん。(速かった!)

10㎞部門では、「Can Can」・小学館に読者モデルとして初登場、ファッション誌の人気モデルとして活躍。また、2000年よりホノルルマラソンに参加し、フルマラソンの自己ベストを3時間15分36秒の記録を持つ長谷川理恵さん。
『行列のできる法律相談所』や『24時間テレビ』のチャリティーマラソンランナーとして100kmを完走した丸山 和也さんの多士済々のゲストランナーも参加してくれました。

0123_7

     ▲
   続々集まる選手達

いずれにしても大きな事故が無く無事に終了できました。
第6回大会は今年の11月3日(木・祭日)を予定しています。
また、今秋お会いしましょう!

2011年1月22日 (土)

言葉の支えって必要ですよね

最近、公共施設等に設置されている血圧計で測定すると妙に高い数値が出る。
ちょっと気になるので近くのクリニックへ。
血圧高いですね?何ともありませんか?
自覚症状等もある訳でもないので・・・・・・。と言うよりこうした痛みや自覚症状に鈍感なのだと思います。
自然の流れに身を任す。
毎日を一生懸命に生きているつもり?
だからいつ何があっても良いとも思ってもいます。だから悔いの無いように一生懸命に頑張っているつもりです。

しかし、このような考え方は孔子からすると、一種の驕りのようにも感じます。
孔子は人としての生きる道とは「父子の親・君臣の義・夫婦の別・長幼の序・朋友の信」の五倫と「仁・義・礼・智・信」の五常であると説いています。

孔子曰く「これを理解するのは、分かり易いように思えますが、これを理解するのは実は難しいと。もし、理解できたとすれば生死を超越することになる。」
「朝、道を悟れば、その夕、死ねる」と孔子は仰っていました。

私には入り口さえも理解できていません。
だから、孔子のこの悟りの言葉に失礼に当たるので今日はクリニックに行ってきました。

2011年1月21日 (金)

商工会50周年式典 今日も2箇所で

昭和35年に「商工会の組織等に関する法律」が提出され、同年5月20日に公布、6月10日に施行されましたので今年度は多くの商工会が50周年を迎えています。

本日はお日柄も良く(大安)故に2箇所で50周年記念式典が挙行されました。
藤野商工会には会長に行っていただきました。
私は山北町商工会の50周年式典に出席させていただきました。

山北町は神奈川県の自治体の中では横浜市や相模原市に次ぐ広さを有しています。
町域の大半は丹沢山地であり、丹沢大山国定公園に指定されている。
町のほぼ中央には丹沢湖があり、キャンプやハイキングなどの行楽・観光のために、年間約150万人以上の観光客が訪れるそうです。

手作りの良い50周年式典を行うことが出来たと思います。

0120
     ▲
  挨拶をする池田山北町商工会長

0120_2
     ▲
  地酒の酒樽の鏡開きです
  美味しかった?
おっと今日は車で行ったので味わうことが出来ませんでした。

冒頭に今日は「大安」だと書きました。
現在では、旧暦とか暦注と言えば六曜が幅をきかしています。
まさに暦注の王者という感のある六曜ですが、昔からそうだったのでしょうか?
答えは「いいえ」です。

中国・日本のいずれでも正式な暦に「六曜」が記された事は「一度もない」のです。

未だに一般のカレンダーや手帳にも記載されていることが多いです。
カレンダー業界の陰謀?
それでも、今日の日本においても影響力があり、「結婚式は大安が良い」「葬式は友引を避ける」など、

主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されているのも事実です。

私の信条は「日々是好日」
大安が連続する時もありますし、仏滅が連続することもあります。
これからも気持ちの持ち方一つで毎日を「大安」にしていきたいと思っています。

2011年1月20日 (木)

大寒過ぎれば春は目の前?

今日は大寒。
この所大寒に相応しい寒さが続いています。
とはいうものの全国から届く雪景色を見ていると大磯は温暖な方なのでしょうね。

「春に夜桜 夏には星 秋に満月 冬には雪 それで十分酒は美味い」
この台詞に続いて
「それでも不味いんなら それは自分自身の何かが病んでいる証だ」
和月伸宏の漫画『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー』に登場する架空の人物の台詞です。

今日は東の空から昇ってくる満月を観ながらの帰宅でした。
しかし、この台詞のように満月はやはり秋です。
何しろ、空気が澄んでいるので冬の満月は、はっきりと見えすぎて色気がありません。
さすがに大磯には雪がありません。だけど今日は雪の代わりに大寒。
だから、酒が美味い。身体が病んでいない証拠だ?
(50周年記念式典も終わったし)

冬至の頃には午後4時半頃であった日没もここ数日で午後5時台になってきます。
間違いなく春が一歩一歩近づいています。

2011年1月19日 (水)

大磯町商工会50周年記念式典

昭和35年2月25日に第34回通常国会に「商工会の組織等に関する法律」が提出され同年4月15日衆議院、5月13日参議院でいずれも全会一致で可決成立し5月20日に公布、6月10日に施行されました。
商工会法の施行に伴い、発起人37名で大磯町商工会でも創立準備に入り、会員加入の推進を図り、9月18日に343名により創立総会が開催されました。
その後、商工会設立登記届出書等の諸手続を経て昭和35年10月21日に登記完了し大磯町商工会が誕生し、今年度50周年を迎えることが出来ました。

大勢の会員やご来賓にご出席をいただき記念祝典を挙行しました。

0119

      ▲
  50年後の地域はどうなっているのでしょう?
 河野代議士・村田県議・中崎大磯町長・重田会長と快談です

0119_2

    ▲
  記念式典で重田会長謝辞

大勢の方に支えられて本日の式典を迎えることが出来ました。
そして、この日を迎えることが出来なかった会員も大勢いらっしゃいます。

その方達には黙祷を捧げ自作の詩を捧げさせていただきました。

私たちは仕事に励んでいる姿を想い出します 貴方を
真っ直ぐに前を向いて 輝く眼で
その瞳は穏やかな平和を望んでいること 私たちは知っていました

私たちは決して会うことのない 貴方の
お客様と明るく 微笑んで会話する姿を覚えています
その笑顔が 明日を拓きました

私たちと変わらないその陽を
眩しく いぶかしくもあり 不安も持ちました
この先にどのような答えが隠されているのか

そしてその不安は静かに
昭和から平成に移り時代を呑み込み
それでも 次の世代に語り継いでいくこと
今ここに生きている私たちに課せられた大切な使命 と

ありがとうございました!

2011年1月18日 (火)

おおいそフラワーフェスタ2011の準備

おおいそフラワーフェスタの前身は2006年から始めた「おおいそオープンガーデン」です。
みなさんのガーデン一般公開の協力により様々なことが生まれます!

“花”は住民と来訪者を元気にしてくれる
大磯は豊かな自然と気候風土を供えた土地です。和風・洋風を問わず小さなプランターから巨木のそびえる庭園まで個性あふれる庭が生き生きと存在している町です。私たちのこの豊かさを多くの人と分かち合いたいと考えています。

“花”と共に大磯の歴史が楽しめる
来訪者に歴史的資産や文化資産など先人の残した過去の文化と共に、四季折々の自然が楽しめる「今」の町を散歩路として回遊して楽しんでもらいます。「豊かな心の持てる時を過ごしてもらえる町」として大磯の特色と資産の保存価値を高めたいと考えています。

“花”で大磯の新しい文化が始まる
私たちの育てる花は、それを見る多くの人の心を癒します。このような形で社会に貢献することはこの街の生活文化を高め、そしてこの街を愛する心から生まれた「新しい大磯の歴史」となって次の時代にも受け継がれていくと考えています。

「開かれた庭」はこうしたことを創っていきます。

過去5年間は商工会が中心になって実施してきました。
3年目に「大磯ガーデニング倶楽部」が出来ました。
そして運営の一部を担ってくれています。
そして、今日は「おおいそオープンガーデン」の運営を従前のように商工会に全てを任せておくのは大変だからと、運営委員会を立ち上げる準備会を自主的に行ってくれました。

今春も4月5月を中心に「おおいそフラワーフェスタ2011」を開催します。
強力な助っ人が誕生しそうです。楽しみが増えました。

2011年1月17日 (月)

寒い訳です。気温が氷点下でした。

あの夏の酷暑は何処に行ったのでしょうか?
今冬はやけに寒く感じます。
寒さが苦手な私には、昨夏の暑い夏を懐かしく感じます。

今朝も事務所に行くのにいつもの通り車のエンジンをオンに。
すると目の前の外気温の表示がマイナス1°・・・・・・。

0117

思わず写真に収めました。寒い訳です。

今週は水曜日に迫った50周年記念式典等の準備一色です。
これも、良いブログがアップできるように一両日は最後の追い込みです。

2011年1月16日 (日)

第5回大磯市(おおいそいち)盛況でした

昨晩は左義長がありました。そして今日の午前中は第57回大磯一周駅伝大会です。
また天気予報では今冬一番の冷え込みに併せて、全国各地で風が強くなるという予報でした。
冬のイベントを仕掛けるには最悪の状況です。少なくともそのようにスタッフ全員で心配をしていました。

いやぁー、ありがとうございました。大勢の方にお越しいただきまして。
危惧に終わって良かったです。
逆に、今までにないほどの早い出足だったような気がします。

0116_oisoichi1

0116_staff_batch
     ▲
   スタッフバッジも出来上がりました

大磯だいすき倶楽部が受け持った即席のみなと食堂も、アンコウの肝鍋にが効果があったのか開店時から盛況です。

音楽好きの出店者の中には即席でライブを。そしてフラメンコのリズムに合わせて踊ってくれる若い女性が出現したりと・・・・・・。とにかく大磯市(おおいそいち)には楽しいハプニングが沢山あります。

0116_performance

つい、数日前まで国土交通大臣の要職にあった馬淵澄夫代議士の顔が?
聞けば、若い頃からこの大磯に良くしてサーフィンを楽しんでいたとのこと。
意外なところで交流を楽しんでいってくれました。

0116_mabuchi

今までのイベントと違って若い方とヤングファミリーの方の来場者が多いのに驚きます。
この寒い時期にこれだけの人出があると言うことはかなりの認知度を得てきたのかなと?
ちょっとだけ確信を持てるようになりました。

2011年1月15日 (土)

桜を植える会2011&大磯の左義長

午前中は大磯運動公園に桜を植える会2011に行ってきました。
今年で3年目になります。今年は15本の桜を植樹して、ようやく50本ほどになりました。
全山、桜一色にするにはほど遠いですが、私たちの企画は大きなお金を掛けないで町民と共に、長い時間

を掛けて植樹をしていくことに意義を感じています。

だから、植樹をしていただいた方々にも春や夏の雑草が生い茂る頃に草取りもお願いをしています。
皆さんで、公園をそして自分たちの植樹した桜共々に育てていこうとこうした事業を行っています。

この春にお子さんが小学校に入学するのを記念にと5組ほど参加してくれました。
親子で記念植樹して皆さん、楽しそうでした。
桜の成長に合わせて子ども達も健やかに成長してくれることを願います。
    0115_with_the_family

                ▲
    家族で記念植樹です

0115_sakurasyuugou

        ▲
    参加者全員で記念写真を

0115_nanohana

     ▲
   菜の花も咲き始めています

今夜は左義長です。
ばぁばとママと子ども達が一生懸命に頑張ってお団子を作りました。
そして色々な形のお団子が出来上がりました。

0115_dango

0115_dango2

2011年1月14日 (金)

大磯市(おおいそいち)の広がり

16日に開催する第5回大磯市(おおいそいち)実行委員会を開催しました。
厳寒期の市(いち)開催が当初からの課題、心配でした。
寒い時期にどれだけのお店がエントリーしてくれるのか?
心配は希有でした。
今回の参加ショップは港へ47店、マチナカ4店、イベント3スポットとなりました。

前回よりちょっとだけ少ないですが、この寒い時期を考えるとたいしたものです。
後は天気次第です。晴れて、風がないことを願うのみです。

そして、単に自店、商品をPRするとか、商品を売るだけというスタンスではなく、大磯市を利用してプロジェクト商品をプレリリースしてくれる集団も出てきました。

湘南ぴゅあと大安市場が主宰する平塚および西湘地区のもの創りのネットワークプロジェクトです。
それぞれの特徴を生かして融合したプロジェクト商品を大磯市でプレリリースします。神奈川創造プロジェクトのグループです。こうした事業企画がもっともっと増えてくることを期待したいと思います。

マチナカで参加する、大磯の老舗、井上蒲鉾店さんからは「さつまあげ」の無償提供のお話をいただいています。町中に人が流れるようにとの申し出です。
活用方法については今後の課題としましたが、大変有り難い申し出です。

少しずつ、着実に大磯市(おおいそいち)の輪が広がっているようです。

参加者と来街者のみんなで楽しみたいと思います。

焚き火ドラム缶の数も増やしますよー!
寒さに負けずに、大磯港へお出掛け下さい。

2011年1月13日 (木)

大磯の左義長 だんごの準備は?

大磯町観光協会からのご案内です。
掲載の写真は観光協会からの借用です。

国の重要無形民俗文化財に指定されている今年の左義長は1月15日に北浜海岸(大磯海水浴場)で行われます。
当日は早朝から子どもたちも含めて、地域の方々が九つのサイトを作ります。

また、大磯町観光協会では午後1時30分から、さざんか通りで団子と竹棒のセット販売(約300セットの限定販売)を行います。

午後7時頃にサイトに点火され、左義長のクライマックスを迎えます。
左義長を盛り上げる若衆のやんなごっこも見所の一つです。
ぜひ、大磯の新春を飾る左義長にお出でください。

0113_10sagi02_2

0113_10sagi03

2011年1月12日 (水)

180年先を見越したマニュアル?

日本中の藩や町、村に適用できる一定の基準、原則をつくり上げるために7年間も没頭した。弟子や仲間と今で言うならば一種のシンクタンクを作り、あらゆるケースに対応できるようにシミュレーションを行い、完成した行政改革マニュアルは新田の開発からお金の運用について180年先の未来まで見通したさまざまなパターンを創り上げた人がいました。

その人は、薪を背負って全国の小学校に銅像がある「二宮金次郎」です。
時代が違うとはいえ10年先も読めないのに180年先を見通したことに驚きます。

その行政改革マニュアルである報徳仕法(ほうとくしほう)は、藩や旗本知行所など領主財政を対象としたもので、村を単位としたもの、家を単位としたものに分けられています。基本的な考え方は、報徳思想の基本的な概念でもある「分度」と「推譲」であり、それぞれが「分」に応じた生活を守り、余剰分を拡大再生産に充てることの重要性が強調されています。

そして尊徳は、単に本を読むだけで実践につながらない態度を諌めて「単なる本読み」になってはいけないとも語っています。
現在で言う「単なる本読み」とは、色々な事象を、妙に理論立てて事をより複雑化させて、結局の所は理念だけが先行して何も実践が出来ないと置き換えることが出来ます。

戦後の民主主義は、先に書いたように教育勅語も含めて戦前をすべて否定して、二宮金次郎も根性と倹約などは古い観念だと閉じ込められてしまったようです。

二宮金次郎は文政5年(1822)に小田原藩に登用され、天保13年(1842)には普請役格の幕臣となっています。そうすると正に今の時代にも当てはまるるように出来ているマニュアルですが・・・・・・。
いや、今こそこうした考え方が必要だと思います。

2011年1月11日 (火)

広がる善意の輪「伊達直人」

プロレス漫画タイガーマスクの主人公「伊達直人」を名乗る匿名寄付が11日も全国各地で相次ぎランドセルなどが届けられた児童養護施設への寄付が43都道府県117件に達したそうです。
贈り物もランドセルの他、現金や文房具、コメ、野菜、果物、プラモデルと多岐にわたっていて、送り主も漫画「あしたのジョー」の主人公「矢吹丈」やドラマの「肝っ玉かあさん」、「桃太郎」を名乗る人物まで登場しています。

悪の連鎖反応はあっという間に広がります。噂も広まるのは早いです。
しかし、善意の輪、善意の連鎖反応は中々広がっていかないものです。
そして、日本には寄付文化がないと言われています。
こうしたニュースは積極的にリリースして欲しいと思います。
何と言ってもメディアの影響力は大きいです。

日本の寄付文化の全体像を初めてまとめた「寄付白書2010」(日本ファンドレイジング協会)の内容を見ると私たちの知らなかった実態が良く分かります。

以下は「四国新聞社」からの抜粋記事です。
2009年は推計で年間約3800万人の個人寄付があり、その総額は約5500億円―。
米国など主要各国では、民間機関がそれぞれの国の寄付の流れをまとめたリポートを発行し、寄付への関心や法制度の改正などで重要な役割を果たしている。ようやく日本でもその一歩を踏み出した形だ。

調査によると、個人寄付の分野別(複数回答)では共同募金が約19%と最も多く、次いで災害支援9%、日本赤十字社7%、国際協力6%、自治会・町内会5%、宗教関連4%などだった。

寄付の手段は身近でなじみのある募金箱と街頭募金が圧倒的だったが、オンラインショッピングでのポイント還元やクリック募金が続き、インターネットの普及による新たな形態も登場してきている。

同時に調査した企業による法人寄付は総額約5千億円。日本では個人寄付の文化が育っていないといわれてきたが、法人寄付を上回っていた。ただ、その個人寄付を国内総生産比でみると、日本は0・12%。米国は1・6%、英国は0・68%。

調査では「寄付している人」は「寄付したいと思っている人」の半分程度である実態も明らかになった。来年からは個人がNPO法人などに寄付した場合、所得税と住民税の合計で寄付額の約半額を納税額から差し引けるようになる予定だ。寄付文化の発展を後押しするきっかけとなるか。
 10日までの連休中から急増し、11日に新たに判明した施設などを含めると、北海道から九州にかけて大半の都道府県で同様の寄付が相次いでいる。(これまで抜粋)

暗いニュースが多い中で、久しぶりに明るい爽やかなニュースです。
広がれ!社会現象化へと!

2011年1月10日 (月)

新成人に希望を

今日は成人の日です。
1948年に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、’49年から1月15日を成人の日として制定されました。
それ以降はほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになっています。その後、1998年の祝日法改正(通称:ハッピーマンデー法)に伴って、2000年より成人の日は1月第2月曜日へ移動しました。
年齢で成人の形態を取るようになったのは近年です。
近年の成人式の形態は戦後に始まったとされ、本来は家督相続が緊急に発生したり、戦国時代のように初陣時に元服を行なったりとはっきり年齢で決まっていたわけでなく、この元服を行なうことが「大人」の仲間入りとされ「成人式」本来の儀式であったと思います。

経緯はどうであれ、今日も各地で新成人を祝う式典が行われたことと思います。そして、「21世紀の主役は君たち若者たち。これからの人生に希望と責任を持って成長し続けて欲しい」と新成人に期待を寄せるような式辞があったことと思います。

期待を寄せる前に、若者たちが「夢」を語れる環境を創り上げていかなければ将来のビジョンを語れません。
若者たちは「自分自身に責任を持つ」「自分で道を切り開く」「社会的責任と義務を果たす」「国際的視野でものごとを感じる」「自分の発言や行動に対する責任の重さを感じる」と、それぞれ新成人への思い入れがあるはずです。

マラソンも42.195㎞先にゴールという目的があるから走れます。目的があるから100㎞でも走ることが出来るんです。
クラーク博士の「ボーイズビーアンビシャス(少年よ、大志を抱け)」という言葉が有名です。
全文は「Boys, be ambitious like this old man」であり、「この老人のように、あなたたち若い人も野心的であれ」という意味になります。

今や、労働人口の約5人に1人が60歳以上の高齢者になっています。
急速な少子高齢化の進展の中で、将来にわたって日本の経済の活力を維持していくためには、雇用分野や社会保障などの経済社会の諸制度へと対応したものへと見直していくことが急務です。

40歳以上の方の8割以上が少なくとも65歳までは働きたいと考えている現実に応えながら、若者に「希望」を与える施策が必要です。

2011年1月 9日 (日)

王城山の布袋さん

午前中は恒例の大磯ISO市へ。
年明け早々の3連休。大磯駅の乗降客もちょっと少なめです。お正月疲れなのでしょうか。
例年、この時期はお客が少なめです。寒さも影響しているかもしれません。

0109_isoichi

しかし、寒いというのは大人の感覚。
孫たちには寒さは関係なし。お天気が良ければ外で遊びたいと思うのが子ども。
家に引き籠もりテレビゲームなどされるよりは良いと、カミさんと孫と5人で裏山に。

自宅の裏山は王城山と呼ばれる山があります。私が子どもの頃は小千畳とも呼ばれていました。
小千畳は千畳敷と呼ばれていた現在の湘南平に対する呼称です。
王城山の山頂には明治天皇観漁記念碑があります。明治元年(1868年)に明治天皇が京都から江戸城へ入りに向かいます。その途中、大磯の浜辺で漁を見物したそうです。

元々この王城山は明治の財閥、安田善次郎翁の所有地。
そして明治天皇観漁記念碑からは大磯の町並みが眼下に広がり、相模湾が一望できる場所・・・・・・。
だったはず?
久しぶりに行きましたが、ちょっと目の前の木が成長しすぎたようです。
伊豆半島の方は望めるのですが眼下の町並みは木の間から見えるだけ。春以降、若葉が芽吹き、木が生い茂ってくると海が全く見えなくなってしまいそうです。

0109_meiji

空師にお願いをして目の前の視界を開いてもらう必要があるかも知れません。
「空師」とは30~40mもある高い木の上で枝降ろし等の作業をする人、環境を壊さずに自然を活かし目の前の視界等を良くしてくれる、そう言う職業の方を空師と呼ぶんだそうです。

王城山から安田邸に下りる急坂の途中に布袋さんがあります。

0109_hotei

この道も、この時期の草が生い茂っていない時期には歩けますが、真夏になると余程手入れをしていかないと道が無くなってしまいそうです。
しかし、今日は枯葉のスキーです。孫たちは大喜び。
ちょっとした息抜きが出来ました。

2011年1月 8日 (土)

娘が持参した「のぼうの城」

「じぃじがきっと喜ぶ本だよ」と娘が持ってきた文庫本。
和田 竜氏の「のぼうの城」

豊臣秀吉が関東最大の勢力、北条氏の小田原城を攻めている頃に、現在の埼玉県行田市にある、浮城とも呼ばれる忍城(おしじょう)を「武州・忍城を討ち、武功を立てよ」秀吉にそう命じられ、石田三成は成田氏が降伏しているとは露知らず、戦を仕掛けんとする。
城はすぐに落ちるはずだった。
だが軍使長束正家の傲慢な振る舞いに怒った総大将・成田長親は「戦」を選択。
当主氏長より降伏を知らされていた重臣たちは初め混乱するが覚悟を決め、かくて忍城戦は幕を開けた。

三成、大谷吉継、長束正家等が率いる二万超の軍勢に、農民らを含めても二千強の成田勢。
どう見ても敵わぬ状況にも忍城は落ちなかった。

成田長親こと「のぼう様」
「のぼう様」とは、何をやってもわざとやっているのかと思われる位の不器用で、「でくのぼう」とは呼ぶことが出来ないので「のぼう様」と農民からもそう呼ばれている。
しかし、異常なほどの民の「人気」があった・・・・

一つの組織を引っ張っていくには強いリーダーシップが必要だと思っていたが、この主人公を見ていると、弱い中心である方が上手くいくこともあるのかな・・・・・・。

この本が今年の秋には全国東宝系で野村萬斎主演で映画化されんるんだそうです。
楽しみな映画になりそうです。
読書三昧で終わった一日でした。

2011年1月 7日 (金)

教育勅語の12の徳目

昨日の後半に何となく教育勅語のことに触れました。
私はこの教育勅語の一部分を見直して、現在の教育の一部に取り入れても良いのではないかと思っています。
教育勅語は、戦前・戦中に過剰な神聖化がなされた経緯もあり、思想や良心の自由を否定している。そして、軍人の規律を説く軍人勅諭と同列のものであり、軍事教育や軍国主義につながるとの否定的な意見もあります。
一方では、現代の教育においては道徳的な欠落がありすぎてそれを補うものが教育勅語にあるからこそ、教育の一環として取り入れている学校もあります。

そして国際的には国際人権法に基いて絶対的差別禁止を求める中においても、教育の目的の一つに「両親や家族の尊敬、尊重」が掲げられたのもこの「教育勅語」が参考にされています。

1.親に孝養をつくそう(孝行)
2.兄弟・姉妹は仲良くしよう(友愛)
3.夫婦はいつも仲むつまじくしよう(夫婦の和)
4.友だちはお互いに信じあって付き合おう(朋友の信)
5.自分の言動をつつしもう(謙遜)
6.広く全ての人に愛の手をさしのべよう(博愛)
7.勉学に励み職業を身につけよう(修業習学)
8.知識を養い才能を伸ばそう(知能啓発)
9.人格の向上につとめよう(徳器成就)
10.広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう(公益世務)
11.法律や規則を守り社会の秩序に従おう(遵法)
12.国難に際しては国と天皇のため力を尽くそう(義勇)

確かに12番目の項目には違和感を覚えます。
「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」の部分は、戦争が起こったら兵隊に行って戦い・・・・・・。このくだりは私も抵抗を感じる部分です。

「我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ」の部分が神が国を作ったという神道的な考えなのではないかと指摘するのであれば修正をすれば良いではないですか?

しかし、これ等がどうして軍事教育や軍国主義につながるのかは理解できません。
こうした違和感を感じる部分を除去すれば、その他の内容については現代にも共通する部分は多いと感じます。感じると言うより、こうした考え方が今の社会には欠落しすぎています。

2011年1月 6日 (木)

未恋女子 未恋男子 理解できますか?

2011年1月3日の読売新聞を参考にした内容です。

恋愛も結婚も面倒だと!
「一人暮らしだと、帰宅後に寝転がっていても誰からも文句は言われない。同じ空間にほかの人が入ってくるなんて考えられない。」「今は自分の生活が最優先。交際相手が出来て束縛、管理されるのは我慢できない」「一人で暮らすのに、不自由は感じない。」「恋愛って、しんどくて」「同僚の女子の多くは恋愛に関係ない」
このような、恋愛も結婚も「面倒でしょ」という女性が増えているんだそうです。
こうした女性たちを「未恋女子(みれんじょし)」と呼びます。
この言葉は、調査をした電通が開発した新語です。
「う~ん」と妙な納得をしそうな言葉です。

そして、「未恋女子」がいる一方で「未恋男子」の存在があるそうです。
記事に登場するる男性は若い頃につきあっていた女性から「仕事と私とどっちが大事?」と詰め寄られて以来、女性から遠ざかってしまったと・・・・・・。
「早く帰って子育てする男性を見ていると、何かを犠牲にしている、そこで得られる幸せはあるのかと思ってしまいます。」と・・・・・・。

「恋の告白 」には勇気がいりました。
自分で恋する相手に告白が出来ずに、友だちにその願いを託したりしたこともありました。
自分で告白する際には、恋のすべてを表現する言葉を本などで懸命に探し苦しんだものです。
「ぼくは、あなたを好きです」「俺は君が好きだ」「愛してるよ」。
さまざまな言葉を頭の中で考えませんでした?

そして「恋には方程式」がありません。
方程式がないから悩んだんです。
恋は青春時代に特有のものでもありません。
それが真実の恋であればあるほど中々打ち明けられないのが本音でした。
だから「好きなんだけど・・・・・・。」(星のフラメンコでしたっけ?)なんて言う歌もヒットしたんでしょう。

当然、恋煩いなんて言う言葉は死語かも知れません。
「草津」の湯も昔とは大きく様変わりしたのもこうした影響でしょうか?

若い頃から「味の素」(古いですね?)「ふりかけ」の振られ放しの私は、いつも「恋を一つ失うと一つ大人になります」と自分を慰めて成長をしてきたつもりです。

「未恋女子」「未恋男子」は一生を誰の世話にもならずに過ごすつもりなのでしょうか?
大局的に考えれば私にはこの考え方に大きな違和感を覚えます。

明治23年の教育勅語の全てを支持する訳ではありませんが、「父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ」
「父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は調和よく協力しあい、友人は互いに信じ合い、慎み深く行動する」
社会道徳の必要性を再認識する時代なのかなふっと感じる記事でした。

2011年1月 5日 (水)

年末調整指導会を開催中です

新しい年を迎えると個人事業者には年末調整の時期が到来しました。
専従者(家族従業員)及び、従業員を雇用している事業所は、年末調整を行い、税額が出ない支払額であっても申告を行う必要があります。

大磯町商工会では下記の日程で『年末調整指導会』を開催しています。
一人別給与台帳、各種控除証明書、ご印鑑、税務署及び該当市町村より郵送された書類(各種報告用紙等全て)をご持参の上ご来館、ご利用下さい。

※納期期限は、平成23年1月11日(火)までとなっています。

11日まで商工会館で実施中です。

2011年1月 4日 (火)

さあー 2011年の始動です

2011年、大磯町の賀詞交歓会に行ってきました。
昨年の11月の町長選で初当選を果たした中﨑町長への期待感からか、いつもの年より出席者が多かったようです。

国も県も台所事情が苦しそうですが、我が大磯町とて長引く経済不況で同様の状況です。
その中で大磯丸の舵を切っていくことは大変なことだと思います。
未来を担う子どもたちのため施策。
高齢化の進む社会への対応。
こうした状況下で、町民が安心して暮らせるまちづくりのために、財政の健全化や環境保護、地域経済の発展は欠かすことの出来ない課題であるとして、これ等を推進していくために、町民と議会との話し合いを十分に重ねていくことを何度も口にされました。そして、ともに町の発展の実現を目指していくと決意を述べました。

0204_gasikoukankai

2011年が良い年になるように我々商工会も町と協働していくつもりです。

決算及び、確定申告指導会のご案内

2

個人で事業を営む人(自営業者)は、1年間に得た所得を計算して申告しなければなりません。
ここでいう1年間は暦に従い1月1日から12月31日までで計算し、その年中の総収入金額からその年中に確定した必要経費を控除して計算して申告をする必要があります。

《注意事項》
上記日程以外は、他の業務を行うため決算及び、確定申告に関する指導は行いませんので、あらかじめご了承下さい。 
 
★早期提出は2月15日(火)ですのでご協力をお願いします。

★指導時間 商工会館・・・午前 9時 ~ 午後4時
                 (3月15日(火)最終日は、9時~12時まで)
      大磯町役場国府支所・・午前10時 ~ 午後4時
      新宿福祉館・・午前10時 ~ 午後4時
       午前の受付   11時30分まで
      午後の受付    3時30分まで
★持ってきていただくもの
 関係書類、各種控除証明書、前年度の決算書及び申告書、印鑑。

★平成22年度の健康保険料、国民年金保険料の支払い金額を確認して来て下さい。

★消費税確定申告指導につきましては、原則、別日程にて実施いたします。
  (消費税確定申告指導の詳しい日程は、改めてお知らせいたします)

2011年1月 3日 (月)

年頭の目標は? 行きつく先は好きな言葉の実践

穏やかな内に2011年のお正月、三が日が過ぎようとしています。
年頭に当たり今年の目標は?
ある一定の年齢になると大きな望み等も次第に薄らいでいくような気がします。
しかし、それでは自分の「生涯青春」の考え方を捨ててしまうことになります。
だから、今年も好奇心旺盛に新しいことにはチャレンジはしていこうと思います。

かって、大磯に別荘を構えていた安田銀行(後の富士銀行。現在のみずほフィナンシャルグループ)を設立し損保会社(現在の損害保険ジャパン)、生保会社(現在の明治安田生命保険)を次々と設立し、金融財閥としての基礎を築いた明治期の実業家、安田善次郞翁は「五十、六十はなたれ小僧 男盛りは八、九十」とおっしゃっています。
だから、今から老け込む訳にもいきません!

しかし、色々と逆らっても仕方がありません。
今年も「日々是好日」のスタンスを貫こうと思います。
この言葉は毎日が良い日ばかりと解釈している方も多くいますが、世の中、そう良い日ばかりあるはずはありません。むしろ嫌な日の方が多いかも知れません。

どのような天気であろうと、どのような状況にあろうとこれを素直に味あう。寒い時には寒い時でしか体験できないことを、晴れの日には晴れを、雨の日は雨を楽しむ。そしてうれしい時には笑い、悲しい時には涙する。
そんな自然流の生き方をしていきます。
結果的にこうした自然流が、新しくチャレンジを試みる際に斬新なアイディアも浮かんでくると信じることにします。その基本は、やはり健康でしょう!

そして私を支えてくれる家族や仲間に今年もあらゆる面で協力をお願いすることにします。

2011年1月 2日 (日)

娘の実家で新年会と箱根駅伝

毎年2日は娘の実家の新年会にお呼ばれに一家総出でお出掛けです。
今年も娘夫婦もお仲間に入れていただき、11人でお邪魔をしました。

2月には大じぃじが米寿を迎えるのでお祝いに行く予定です。
ちょっと、大じぃじもこのところ子ども返りが始まって精彩がないようです。
それでも、ひ孫の前では多少とも元気を出してくれるようです。

お正月と言えば箱根駅伝です。
昔からこの駅伝を見るとあーお正月が来たと思う歳時記の一つです。
現在地に引っ越す前には自宅前がコース上にあったものですから特にそのように感じていました。

シナリオのない若い大学生達のドラマですから感動します。
5区で今年も大きなドラマを演じてくれました。
東洋大学の柏原選手は、先頭の早大に2分54秒差の3位でたすきを受け取ると序盤から飛ばし、7キロ手前で東海大をとらえ、16キロ過ぎで早大を抜き去りました。

0102_hakone_2

     ▲
  日本テレビの画面から撮影

戦前からこの期待をされていて、それを簡単そうに達成してしまうことに格の違いを見せつけたました。
東洋大は往路新記録も併せて樹立しました。
東洋大学! おめでとう!
我が母校は? 今年もシードはきついかな?

明日の復路も楽しみです。
そうすると私の年始も終わりです。

2011年1月 1日 (土)

家族揃っての新年です

明けましておめでとうございます。
静かな2011年の幕開けです。

我が家では元旦には家族揃って顔合わせをするのが恒例です。従って年末から年始に掛けて家を離れたことがありません。明治生まれの父は正月に出掛けることなどとんでもないと、元日には家族全員でお祝いをするんだと言う習わしを私も引き継いでいます。

子ども達にもこの習わしは不評でしたが、家庭をそれぞれ構えてからは私のこうした考え方に納得もしてくれたようです。
教育はその時、その場で分からせるのも大切だと思います。
しかし、時が経過して、自分が逆の立場になった時に理解してもらえる教育を大切にすることが必要なんです。その場で簡単に納得できることはある面では妥協の産物だとも言えます。

子ども達全員に句を添えたお年玉です。
お年玉は、元来、御歳神様へ鏡餅をお供えして、御歳神様の魂が込められた鏡餅をいただく。これを「おとしだま」と呼んでいたものが今の「お年玉」になったと言われています。

そうだとすれば、お年玉は子ども達だけのものではなく、むしろ大人にもあげる必要があるんです。
だから、それぞれに句を添えてささやかなお年玉を

鉄道マンの息子には
 ○恙(つつが)なく 事故なし念じ 初仕事

残業続きの娘婿には
 ○新玉も 夜作業の 町工場

3人姉妹に追われている息子の嫁には
 ○かなえたき 夢を託して 初ブログ

2人わんぱく息子と格闘する娘に
 ○母訪ね 寄せ鍋囲む 家族かな

そして妻には
 ○平穏な 日を賜りて 元旦かな

私はこの句を作るのに
 ○浮かぶ句を ひねりて浸る 初湯かな  と苦労をしました。

最後は恒例の娘が持参した手作りすごろくで11人のバトルが開始です。
アイスクリームを買うカンパも充分に集まったようです。

0101_sugoroku1

0101_sugoroku2

今年も家族や仕事、地域のイベントを中心に毎日アップしていくつもりです。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ