« 中小企業神奈川県総決起大会 | トップページ | 大磯運動公園「桜を植える会」参加者募集中! »

2010年12月 7日 (火)

第17回大磯宿場まつり反省会

スタッフの皆さんお疲れ様でした。
今夜の、この反省会という打ち上げを一年間楽しみにして夏から頑張ってきたんですから大変盛り上がりました。行政から10万円の補助金をお預かりして3万人近い来場者を動員する大磯宿場まつりの経済効率を考えたら・・・・・・。本当に胸を張ることが出来ます。それだけはスタッフ全員で自負をしています。

来年の
    第18回大磯宿場まつり は
      平成23年11月6日(日)に開催する予定です。

1207_syukuba1
     ▲
 相模守と大老の挨拶のあとはお待ちかねの乾杯です

以下の文章は大磯町観光推進室のisotabi.comから引用。

『のんき節』の♪ アハノンキダネ ♪
『マックロ節』の♪ マックロケノケ ♪
『むらさき節』の ♪ チョイトネ ♪
『ブラブラ節』の ♪ ブーラブラ ♪…など

そう !!  一度聞いたらなかなか忘れられないフレーズ、これらの歌を作った演歌師こそが添田唖蝉坊。
政府や権力者をとがめ、社会の矛盾を風刺した歌詞を作り、うっぷんや怒りを歌によって主張することを庶民に教えた人、大衆音楽の生んだ最初のヒットメーカーこそが 、<流行歌の元祖> と称され自らを<演歌中興の祖>と自負していた、添田唖蝉坊なのです 。【ここまで引用】

この添田唖蝉坊は大磯出身なのです。
この唖蝉坊の演歌をカンカラ三線で歌い上げている若き演歌師がいます。
カンカラ三線とは、戦後物資が不足をしていた沖縄で米軍から配給された缶詰の空き缶と棒きれ、そして落下傘のひもなどで手作りされた三線です。

1207_syukuba2
     ▲
 これがカンカラ三線です

それを歌い上げるのは32歳の青年。その青年が100年近く前の歌を「今の歌」として歌い上げる姿に感動をしました。その名は「岡 大介」さん。

1207_syukuba3
     ▲
 「岡 大介」さん

その彼が宿場まつりの舞台となった大磯で、それも添田唖蝉坊の出身地で歌えるとあって、はせ参じてくれ次第です。
だから盛り上がらない訳がありません。
その日の内に終わるのかなと思うほどの盛り上がりで、最後の落ちはいつも美味しいお酒をいただきました。
半分、夢心地の世界でこのブログをアップしています。

« 中小企業神奈川県総決起大会 | トップページ | 大磯運動公園「桜を植える会」参加者募集中! »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/50241686

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回大磯宿場まつり反省会:

« 中小企業神奈川県総決起大会 | トップページ | 大磯運動公園「桜を植える会」参加者募集中! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ