« 大磯宿場まつりが近づきました。 | トップページ | 私の愛用薬「とげぬき地蔵尊御影」 »

2010年10月14日 (木)

チリ 鉱山落盤事故に思う

8月5日に起きたチリのサンホセ鉱山落盤事故で閉じ込められた作業員33人の引き上げ作業が完了した。それにしても奇跡的な救出劇でした。
地下700メートルに70日間も閉じ込められ過酷な地底生活を強いられた作業員33人が無事に生還できたことに驚き、感動しました。

全員の無事が初めて確認されたのは事故発生から17日後。普通であればこの段階で色々な不安の襲われて、パニックに陥っても不思議ではない状況です。

ついに、最後の33人目の作業員、現場監督のルイス・ウルスアさんが姿を現しました。
ずっと救出作業を見守っていたピニェラ大統領が、彼を固く抱きしめました。
息子さんが駆け寄りました。
チリ国歌が斉唱されました。
鉱山全体が熱気で包まれました。

どんなドラマよりも感動的でした。

日本でこのような事件が起きたら、日本国民が日の丸を掲げて、国歌を斉唱してと・・・・・・。
このような光景を見ることは出来ないでしょうね。

« 大磯宿場まつりが近づきました。 | トップページ | 私の愛用薬「とげぬき地蔵尊御影」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/49743177

この記事へのトラックバック一覧です: チリ 鉱山落盤事故に思う:

« 大磯宿場まつりが近づきました。 | トップページ | 私の愛用薬「とげぬき地蔵尊御影」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ