« 水と緑の環境ネットワークの会で大磯揚浜式塩田法で塩づくり | トップページ | 大磯市(おおいそいち)実行委員会 »

2010年9月13日 (月)

「ジョン万次郎」講演会

大磯ガイドボランティア協会、大磯町観光協会と大磯町商工会の共催で「チャレンジ人生ジョン万次郎」の講演会を次の日程で開催します。

日 時:平成22年10月11日(月・祝)
開 場:13時  開 演:13時半~16時
会 場:聖ステパノ学園「海の見えるホール」
    (大磯駅前)
定 員:200名
参 加:往復はがきに
    住所・氏名・電話番号・人数(4名迄)を明記して
    〒255-0003 中郡大磯町大磯960-3(はまひるがお内)
          大磯ガイドボランティア協会 宛 まで

ジョン万次郎は幕末の日本で、黒船来航により混乱した幕末に日米和親条約の締結に尽力した人物であることは良く知られています。その後は通訳・教師などで活躍しました。本名は中濱 萬次郎(なかはま まんじろう)です。

15歳の時に漁に出て嵐で遭難し鳥島に漂着して、その後アメリカの捕鯨船に救助されました。その捕鯨船の船名がジョン・ハウランド号。この時の船名にちなみジョン・マン(John Mung)の愛称をアメリカ人からつけられました。

帰国後は「召し上げと放免」を繰り返す波瀾万丈の人生でしたが、日米和親条約の平和的締結に向け助言や進言をし尽力しました。
そして明治維新後には開成学校(現・東京大学)の教授に任命され明治維新後にも活躍をしました。

何故、この「ジョン万次郎」が今回のテーマなのか?

日本ペンクラブ・鎌倉ペンクラブ会員であり、著書『ファースト・ジャパニーズ ジョン万次郎』講談社の著者である中濱武彦氏はジョン万次郎の直系曾孫なんです。そして大磯町に在住しているんです。

そんな縁で今回の講演会になりました。無料ですので是非お気軽に申込み上、ご来場下さい。

« 水と緑の環境ネットワークの会で大磯揚浜式塩田法で塩づくり | トップページ | 大磯市(おおいそいち)実行委員会 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/49437020

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジョン万次郎」講演会:

« 水と緑の環境ネットワークの会で大磯揚浜式塩田法で塩づくり | トップページ | 大磯市(おおいそいち)実行委員会 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ