« 真鯛の稚魚放流事業 大磯港みなとまちづくり協議会  | トップページ | 地福寺 島崎藤村忌 »

2010年8月21日 (土)

大磯ルネッサンス03 草刈り

大磯ルネッサンス03は国土交通省が提唱するボランティアサポートプログラムの一環として旧東海道松並木の植栽事業等を03年から行っています。この植栽により春にスイセンやクリスマスローズ等が綺麗に咲き、道行く人や渋滞が多く発生する国道ですのでドライバーに安らぎを与えてると自負しています。

今日は国土交通省の協力も得て草刈りを行いました。今年は残暑が厳しいのですが、午前中から良い汗をかきました。何よりも綺麗になり気持ちまで晴れます。この草刈りは雑念を振り払ってくれますし、目の前にある雑草を刈り取ることに夢中になるので、本当に無心になれるから不思議です。

0821

しかし、毎回、毎回参加人数が少ない中で草刈り作業を行っているので、必然的に取り残し等が至る所に出てしまいます。

そこで思い出すのが千利休が息子の道庵に「今日はお客さまが来るので庭を掃き清めておくように」と命じました。道庵、一生懸命に葉っぱ一葉残さずに掃き清めました。その掃き清められた状態に利休は庭の木を揺すって庭に葉を散らしたという話があります。

完全、綺麗であれば最高です。後で、わざわざ掃き清めた庭に葉を改めて落とすのであれば、最初から掃除なんかしなくても良いじゃないかということになります。
実はこれが「侘び」なんだそうです。

私には「侘び」の世界など分かりません。完全すぎるのはいけない?

いや、完全を目指す必要はあるんでしょう。
本当に完全を理解するには不完全さをも受け入れる余裕が必要だと言うことなのかな?

我々が取り残す雑草は全員がアップアップの状況の結果です。
とても「侘び」「寂び」の世界とはほど遠い作業ですが、それでも、綺麗になったと自己満足をして、草刈りをして、このようなことを考えることの出来ることに幸せを感じることにします。

« 真鯛の稚魚放流事業 大磯港みなとまちづくり協議会  | トップページ | 地福寺 島崎藤村忌 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/49211938

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯ルネッサンス03 草刈り:

« 真鯛の稚魚放流事業 大磯港みなとまちづくり協議会  | トップページ | 地福寺 島崎藤村忌 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ