« 情報の選択って大変です! | トップページ | 迎え火 お盆です »

2010年8月12日 (木)

日本航空123便ジャンボ機墜落事故から25年

1985年8月12日午後6時56分、日本航空123便、羽田発大阪行のジャンボジェットが群馬県上野村の御巣鷹の尾根に墜落して25年。四半世紀があっという間に経過しました。

前原国土交通相も機墜落事故の現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に慰霊登山を行いました。航空行政、事故調査の担当大臣による慰霊登山は25年目にして初めてとのこと。

人間には誰でもこの世の中に生を受けた時から死と直面をします。
今日一日の終わりも就寝です。人間の一生の終わりも眠りです。
まだまだ健康に大きな不安を感じていません。
年配の方が、朝の目覚めに感謝すると言うことは、このようなことを指しているんでしょうね。夜、寝て、朝になったら目覚める。そして新しい一日を迎える。生まれた時から毎日毎日この繰り返しをやっている。こんな単純な繰り返しは嫌だ、やっていられないと言える幸せを感じなければいけないんですよね。

だって、こうした航空機事故は一瞬にして、当たり前に行われていたことを、次の日を無くして、明日を不可能にしてしまうんですから。

人間にとって、明日はどうなるかは誰も分からないのが現実です。

逆説的に言えば「今日という一日が人生の全てである」とも言えるかも知れません。
そう考えると、自分の身の回りに日々起きる、色々な出来事も大変そうであるかも知れないけど、以外と些細なことなのかも知れません。

改めて、520人の亡くなった方々に改めてご冥福を祈ります。合掌!

« 情報の選択って大変です! | トップページ | 迎え火 お盆です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/49133118

この記事へのトラックバック一覧です: 日本航空123便ジャンボ機墜落事故から25年 :

« 情報の選択って大変です! | トップページ | 迎え火 お盆です »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ