« 極寒体験&猛暑体験 | トップページ | 猛暑日と熱帯夜に孫の湯たんぽ »

2010年7月21日 (水)

仕事に仕える 主人は自分

色々な方にお会いします。それぞれの立場で悩みは大なり小なりあるものです。
そりゃ、私も大なり小なり悩みはあります。
しかし、仕事に関しては比較的楽天的に考えています。
仕事は自分がするもの。自分で生み出し、自分で創り上げるものであり、仕事に支配されたり、縛られたりするものではないと思っていますから。

「仕事に追われている」という感覚で日常を過ごしていると、自らの主体性の無さを露呈して仕事に支配されてしまいます。仕事に仕えるのは自分が従になる訳ではなく、自分が中心になり支配をしなければいけないと思います。仕事は自己の存在を示すことであり、その意思表示が上手に出来るか、下手なのか、あるいは考え方一つで仕事に支配されるか、仕事を支配するのかの分岐になると思います。

こんな考え方をしていますから、本当は自分の思うままに自分のペースで仕事をすることが出来れば理想なんです。しかし、自由業ではありませんからそうはいきません。

仕事に縛られ、時間に縛られ、金に縛られてしまうと、仕事の中身も薄くなってしまい、人間味も薄れ、仕事の味も薄れ、楽しく出来る仕事も苦しさが大きくなってしまいます。

パソコンて便利です。再認識をしました。仕えるを変換させていたら仕事の事も事えると言う意味があるんですね。余計に仕事を支配しなければと痛感しました。

« 極寒体験&猛暑体験 | トップページ | 猛暑日と熱帯夜に孫の湯たんぽ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/48940477

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事に仕える 主人は自分:

« 極寒体験&猛暑体験 | トップページ | 猛暑日と熱帯夜に孫の湯たんぽ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ