« 大好きな夏がやってきます! 間もなくです | トップページ | あっぱれKANAGAWA »

2010年7月 2日 (金)

「曖昧模糊」って許されないのでしょうか?

参議院選挙が行われています。
本当に国民の目線に立って政治が行われているのでしょうか?
公務員も本当に国民、県民、市民、町民、村民の目線に立って仕事をしているのでしょうか?
私のような会では本当に会員の目線で仕事をしているのでしょうか?

色々な会議でふっと疑問に思う場面があります。
何故、そのように感じるのでしょう?

最近は曖昧模糊とした考え方が否定されつつあります。
○か× 白か黒 はっきりさせろ! 根拠は?
強いては犯罪を犯している訳でもないのに、証拠があるのか?証明できるのか?と言及される会議も結構あります。

しかし、現実というのは中々見えてこないものです。
知っていることより知らないことの方が多いのが人間だと思います。
それ等を研究する探求心を否定するつもりはありません。むしろ必要だと思います。
しかし、私達が現在、恩恵を享受している全てのことの始まりは、この曖昧模糊が出発点だったはずです。
だからもう少し曖昧模糊を楽しむ、尊重する余裕があっても良いのではと感じます。

ここを理解していないから、朝が来れば太陽は東から昇ってくる。当たり前ではないか。
朝の小鳥のさえずりもうるさい。子どもの声がうるさい。落ち葉にも季節の変化、風情を楽しむ心を失い、ただ家の前に落ちてくる落葉で掃除が大変だとの苦情に発展するのだと思います。これって、何かがおかしいですよね。

今日も、今まで実施してきた事業を来年実施するためにどうしたらよいのかを行政の方を交えて関係団体の方に集まって協議をしました。
結果は「曖昧模糊」とした結論で終わりました。

私はそれで良いと思います。きっと、何回か協議をしている間に素晴らしい方向に向かっていくと思います。
「曖昧模糊」を尊重すればこそ、その中から真の現実が見え、生まれ、新たな歴史も始まるのだと思います。

« 大好きな夏がやってきます! 間もなくです | トップページ | あっぱれKANAGAWA »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/48776285

この記事へのトラックバック一覧です: 「曖昧模糊」って許されないのでしょうか?:

« 大好きな夏がやってきます! 間もなくです | トップページ | あっぱれKANAGAWA »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ