« 大磯町の木・花・鳥 | トップページ | 鳩山首相退陣で混乱!我が家の政権交代は順調 »

2010年6月 1日 (火)

衣替え、今はクール・ビズ

衣替えが6月1日と10月1日になったのは明治以降で、主に制服などを着用する所で行われています。衣替えの習慣は、宮中の行事が始まりです。
着物が中心の江戸時代の武家社会では年4回も衣替えをしていたようです。
4月1日から5月4日と、9月1日から9月8日までは袷「あわせ」(裏地付きの着物)を、5月5日から8月末日までは帷子「かたびら」(裏地なしの単仕立ての着物)を、9月9日から3月末日までは綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)の着用を定められていました。この間に女性は「紗」だとか「絽」の着物を着るなど大変だったでしょうね。

最近は衣替えよりクール・ビズです。
最近ですよね?このクール・ビズが言われるようになって?

私はシャツの「衣替え」はしますが「クール・ビズ」は関係無しです。
仕事の途中でお見えになる方が多い事務所でスーツ姿のネクタイで迎えるのは失礼だと思います。だからネクタイなど締めずに一年中ジャンパー姿です。

クール・ビズは、環境省が中心となって行なわれる環境対策などを目的とした衣服の軽装化キャンペーンで、軽装化することにより事業所等において、夏の冷房の設定温度を1度から2度程度上げるだけで、ひと夏で最大約300万トン程度のCO2を削減することが出来ると言われています。当然家庭でも冷房の使用を控えるだけで、大きな削減効果が期待できる筈です。
2005年、時の小泉政権下で始められました。

そして、クール・ビズの語源は「涼しい」や「格好いい」という意味のクール(cool)と、仕事や職業の意味を表す「ビジネス(Business)」の短縮形ビズ(BIZ)をあわせた、グンゼが提案した造語だそうです。2005年環境省の公募によって選ばれた言葉です。

政府も閣議の様子をテレビで見ると閣僚の皆さんクール・ビズです。

普天間問題で揺れ動く鳩山首相は「かりゆしウエア」ですね。
国民新党の亀井静香郵政改革・金融相はネクタイ・スーツ姿です。目立ちます。

クール・ビズは亀井氏の政敵、小泉純一郎元首相が打ち出した運動だけに、亀井氏もなかなか受け入れがたいのですかね?

我々庶民は、普段から生じる色々な問題に対して、人が「何を言っているか」より「誰が言っているか」で是非を判断するケースは良く見聞することです。

しかし、日本丸を動かそうとする方々は、国民の意見、民意は大切にしていただきたいとは思います。一方ではイデオロギーを別にする方々でも大変良い意見を言う方も大勢います。「誰が言っているか」より「何を言っているか」を優先させていただきたいと思う今日この頃です。伝統・文化・教育・外交問題は継続を必要とする政策だと思います。

« 大磯町の木・花・鳥 | トップページ | 鳩山首相退陣で混乱!我が家の政権交代は順調 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/48516702

この記事へのトラックバック一覧です: 衣替え、今はクール・ビズ:

« 大磯町の木・花・鳥 | トップページ | 鳩山首相退陣で混乱!我が家の政権交代は順調 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ