« 改めて還暦って? | トップページ | 戦国大名のナンバー2 »

2010年5月12日 (水)

イヨボヤの里が雅子妃殿下ゆかりの地

イヨボヤとはこの地方の方言で鮭のことだそうです。
ここには日本最初の鮭の博物館。イヨボヤ博物館があります。

0512

     ▲
   イヨボヤ博物館   

三面川鮭観察自然館では秋になると三面川の分流・種子川を遡上する鮭の様子がガラス越しに観察できます。平安の昔から鮭が特産として知られ、世界に誇る鮭文化を築いてきました。明治11年には、『人工ふ化増殖』に成功しているそうです。

そして市内にある「まいづる公園」内にある旧嵩岡家等の武家屋敷も見に行ってきました。
この公園内にある建物は、雅子妃殿下の祖母静さんの父又四郎氏(雅子様曽祖父)が、嵩岡家の家族として、この住宅で生活されていたとのことです。

0512_2

     ▲
   旧嵩岡家居宅

さあー、ここは一体どこなのでしょう?

今日は新潟県の北端に位置し山形県と境を接している村上市を訪れました。
村上藩の城下町として栄えた村上市には、今でも「町屋造り」と呼ばれる建築様式の伝統的な家屋が点在していて非常に風情のある町並みも多く残っています。

0512_3

     ▲
   黒壁の塀が続く小径

この黒壁プロジェクトの小径は平成14年から住民の発想から始まった活動です。
「黒壁一枚千円運動」で寄付を募りブロック塀の上に板を張りペンキを塗る工法で子どもから年配の方までが汗を流し黒壁作りが進められました。
そして千人を超える方の協力を得て現在では340㍍の風情のある小径が出来上がりました。

そして、2と7が付く日の午前中に六斎市(市場)が立ちます。
地元の野菜などを始め地場産品がたくさん並びます。
今日は小雨模様なので人の出が悪そうです。

0512_4

     ▲
   六斎市(市場)

芭蕉と曽良も「奥の細道」の帰り際に、ここ村上に寄って多くの作品を残しています。

0512_5

     ▲

   芭蕉と曽良が泊まった旅籠屋
   参詣した石船(いわふね)神社

米どころ新潟です。この環境の中で飼料を食べて育った村上牛も最高に美味しかったです。お米も岩船産コシヒカリ。言うことなしです。

0512_6

     ▲
   江戸庄(村上牛専門店)
この気分転換があるからこそ頑張れるんだよね!

« 改めて還暦って? | トップページ | 戦国大名のナンバー2 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/48342489

この記事へのトラックバック一覧です: イヨボヤの里が雅子妃殿下ゆかりの地:

« 改めて還暦って? | トップページ | 戦国大名のナンバー2 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ