« 大磯版 マルシェ(Marché) | トップページ | 総会等が佳境です »

2010年5月23日 (日)

「旧三井守之助邸」7年前の出来事です

日本建築学会が「是非保存すべきだ」と強調した、あの、宮内庁御用係木子幸三郎氏設計による、洋風と和風を融合した、近代日本建築史に特筆される「旧三井守之助邸」は残念ながら力及ばずで、解体されてしまいました。
2003年10月11日の出来事でした。

大変残念でなりませんでしたが・・・・・・。

私たちは「町民の共有財産として後世に伝えたい」という、多くの方々の願いを無にしたくないとの思いから、鎌倉の宮大工松本棟梁を招き、その指導の下に、少しでも部材を確保し、将来の再建を期すことにしました。
可能な限り調査し、復元可能な部材を確保しました。

0523_3

すべての部材確保は到底、望めませんでしたが、この作業にあたっては、保存のために寄せられた寄付金のうち、「将来の活動のために使ってほしい」と引き続き預託された基金と篤志家の資金計5百万円を充当し、松本棟梁と関東学院大学水沼教授、神奈川大学西教授、横浜国立大学大野助教授、それに各大学学生ほか多くの関係者、ボランティアのご協力をいただき部材を保存しました。

その部材を置いてある場所が諸般の事情により移動しなくてはいけなくなりました。
あいにくの雨の一日になりましたが、その当時に力を借りた大勢の方に再び集まっていただき新たな場所に移動をしました。

現在、大磯町は旧吉田邸の焼失により、この「旧三井守之助邸」のことなど忘れ去られています。しかし、いつの日か復元出来ることに夢を見て作業をしました。

0523

     ▲
   大勢の人の手を借りて棟木を降ろしました
   2003年10月11日の想い出

0523_2

     ▲
   棟木を前に感謝込めて記念写真です
   あれから7年の歳月が経つんだ!

« 大磯版 マルシェ(Marché) | トップページ | 総会等が佳境です »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/48439512

この記事へのトラックバック一覧です: 「旧三井守之助邸」7年前の出来事です:

« 大磯版 マルシェ(Marché) | トップページ | 総会等が佳境です »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ