« 鶴は千年亀は万年 | トップページ | 第22回 なぎさの祭典 »

2010年4月27日 (火)

大磯の農業に希望が!

午後は理事会を開催しました。
本日の議題は来月の総代会に付議するための議案審議です。
これで総代会への準備はほぼ完了です。

夜は大磯の若手農業経営者との懇談会です。
果物、野菜、花、酪農を行っている若者たちです。

彼等の親の世代は農産物等を一生懸命に生産をして市場に当たり前のように出荷していく日常でした。言葉に語弊があるかも知れませんが生産することだけを考えていたようです?市場に出荷し、少しでも高い値段で売れるように、品種改良等に懸命に取り組んでいたことも当然です。

今夜集まった皆さんは「経営者」を目指したいと明確な目標を持っています。
単に生産するだけの農業から脱却をして、生活者が求める付加価値を付けて新たなマーケットを求めています。こうした考え方を持っていれば農商連携が可能になります。

具体的に連携をしていく事業は今後の課題ですが実のある会議になりました。
それにしても今春の様な不順な天候に彼等も苦戦を強いられています。

どんなに不順な天候であっても季節は着実に変わっていきます。
5月の端午の節句も目の前になりました。
女子職員が私のデスク回りを鯉のぼり等で飾ってくれました。

0427

« 鶴は千年亀は万年 | トップページ | 第22回 なぎさの祭典 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨晩は忙しい中、貴重な時間をいただき、ありがとうございました。
農業も大変でしょう!
しかし、商業者の現状はもっと大変かも知れません。
土に興味を持っているのは、一線をリタイアをした世代だけではなく、特に、都会の若者は農業に大変な関心を寄せています。
それは、皆さんが信じられないほどの関心の高さです。だから、皆さんに頑張って欲しいんです。

お邪魔させて頂いた農業青年?です。
われら農業青年には、
商工会の方々の洗練された(都会的?)
感覚がとても新鮮でした。
こうした機会を頂き感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/48202850

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯の農業に希望が!:

« 鶴は千年亀は万年 | トップページ | 第22回 なぎさの祭典 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ