« 西湘をあそぶ会「僕らの酒」 | トップページ | 日本人にはサクラが似合います »

2010年4月 1日 (木)

平成21年度から平成22年度へ

昨日の3月31日をもって定年を迎えました。
今日からは1年ごとの再任用です。

職場や役職も変わることもないので表向きには大きな変化はありません。
それだけに自分自身で一つの区切りを付けて、新たな気持ちで臨む必要があります。

「年々去来の花を忘るべからず」とは世阿弥の言葉です。
世阿弥は演劇や芸術についての考えを基本に語っていますが、一般の社会にも転用出来る言葉だと思います

「年々に去り・来る花の原理」とは、一人前の社会人を目指した頃には体験する全てのことに興味をもったものです。そして、徐々に失敗を繰り返し、経験を積み重ねて、一段、一段ずつ駆け上がってきた結果が昨日までの私です。これを忘れてはならないと思います。

「ある時は、美少年、ある時は壮年の芸というように、多彩な表現を示しながら己の劇を演ずるべきだ」と世阿弥は説いています。

再任用で迎えてくれる組織に、社会人一年生から定年までの間に貯えた自分の経験にプラスして、これからも日々の精進を重ねて恩返しをしていくのが自分の役割だと思います。
そんな気持ちで再スタートする初日となりました。

« 西湘をあそぶ会「僕らの酒」 | トップページ | 日本人にはサクラが似合います »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47968757

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年度から平成22年度へ:

« 西湘をあそぶ会「僕らの酒」 | トップページ | 日本人にはサクラが似合います »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ