« 色々あっても内容を書くことが出来ない? | トップページ | 人の砂漠 横浜ブルグ13 で19日から »

2010年3月 9日 (火)

組織を活性化させるのは管理者?

この所の呪文のような言葉。確定申告指導会です。
3人の職員が中心で確定申告指導会に当たっていますが期間中に400社を超える確定申告と消費税の申告を取り扱うのは大変な作業です。
必然的に来館者が多ければ私も手伝います。
商工会という組織では年度末に避けて通ることの出来ない大きな仕事であることは確かです。

しかし、毎年同じようにやってくるこの時期にこの事業だけをしていれば良いのか?
これは、これでキチンと実施していくのは当然の事業なんです。
プロなんですから。

しかし、社会は大きく変化をしています。社会が大きく変化している状況にあるにも関わらず相も変わらず確定申告だけをやっていればよいと言う認識は捨てなければいけません。

管理者は自分の組織の業務に自信を持って当たるのは当然です。
この自信の根拠になるものは?と言えば、「知識と情報、過去の経験」と「現実を直視しそれを受け止め、課題に立ち向かっていく姿勢」だと思います。
厄介なのは「知識と情報、過去の経験」と「現実を直視し受け止め、立ち向かっていく姿勢」があれば不安が解消出来るかというと、そうはいきません。

仕事にはリスクがつきものです。
が、努力をすることによりリスクを最小限に食い止めることは可能です。
例え成功に結びつかなかったにせよ自信の根拠は多少説明はつきます。

自信を持って仕事を積み重ねることにより自然に蓄積されて、それが周辺の人に伝染するはずです。

補助金の減額など平時より仕事を精一杯やっても給料が下がる厳しい環境下にあります。

それだけに士気を下げずに働いてもらうためには、将来に希望を持たせる環境整備を創り上げることが私の役目だと思っています。
だから、もう少しだけ頑張らせていただくことにします。

« 色々あっても内容を書くことが出来ない? | トップページ | 人の砂漠 横浜ブルグ13 で19日から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47768096

この記事へのトラックバック一覧です: 組織を活性化させるのは管理者?:

« 色々あっても内容を書くことが出来ない? | トップページ | 人の砂漠 横浜ブルグ13 で19日から »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ