« 旧東海道整備活用等検討委員会(その9) | トップページ | 平成21年度から平成22年度へ »

2010年3月30日 (火)

西湘をあそぶ会「僕らの酒」

年度末を迎えて非常に慌ただしい日々が続いています。
そんな中をまるで陣中見舞いのように「西湘をあそぶ会」を主宰する原さんが貴重な日本酒「僕らの酒」を届けてくれました。
彼等の活動については何度か触れましたが、今日は神奈川新聞に掲載した記事を掲載させていただきます。

【3月23日掲載・神奈川新聞を引用】

荒れた田んぼを耕し育てた米で造った日本酒「僕らの酒」が出来上がった。NPO法人「西湘をあそぶ会」(大磯町)が昨春に企画、都会の若者を中心に総勢120人が汗水を流した。「無農薬、無肥料、天日干し」のこだわり。若者たちは1年間、愛情を注いできた「結晶」に酔いしれた。

「身近な田舎暮らし」の魅力を発信するあそぶ会が、大井町山田地区で10年以上放置されていた棚田3反(約3千平方メートル)を借りたのが昨春。地元農家の指導を受けながら、あぜづくりや田植えなど、農に関心を持つ仲間と一緒に取り組んできた。「最初からうまくできるの、と懸念する声もあった」と代表の原大祐さん(32)は振り返るが、昨年秋には無事、8俵(480キロ)分の実りを手にした。

自然栽培にこだわった米で酒造りを引き受けたのが、創業220年を誇る老舗、井上酒造(大井町)。「酒は磨くほどにうまい」と言われる中で、米を削る割合がわずか10%という珍しい方法を採用した。7代目の井上倉米衞さん(60)は「米が小さめだから、あえてあまり削らなかったが、意外なほどに香りも味も良い。精米技術の発達していない江戸時代のころはこんな素朴な純米酒だったのかも」と評する。今年は800本(720ミリリットル入り)が完成。13日にはメンバーが蔵元に集まり、予約分を購入。瓶に「僕らの酒」のラベルを張って、世界でただ一つの“美酒”を堪能した。

同会はこの春から第2弾を開始。井上さんは今後もより良い酒造りで協力し、地場米の新ブランドに成長させたいという。原さんは「都会の若者が農業を楽しみながら、地元農家や酒蔵にもプラスになる。そんなモデルを示せれば」と話している。

以上ここまで引用文。

そして2010年度の田んぼシーズンは、4月17、18日から開幕するそうです。

興味のある方は下記URLにアクセスして下さい。

http://seishorakuza.jp/myinaka/about/schedule

0330

     ▲
  年度末の忙しさが一段落したところでご馳走になります

« 旧東海道整備活用等検討委員会(その9) | トップページ | 平成21年度から平成22年度へ »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

ゆっくり味わいさせていただきます。
>「めしや 大磯港」でも味わえる??予定です。
そうですか!それは楽しみです。

ゆっくり味わってください!

「めしや 大磯港」でも味わえる??予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47954853

この記事へのトラックバック一覧です: 西湘をあそぶ会「僕らの酒」:

« 旧東海道整備活用等検討委員会(その9) | トップページ | 平成21年度から平成22年度へ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ