« 大磯ライオンズクラブ40周年記念式典他 | トップページ | 終わり良ければすべて良し »

2010年3月14日 (日)

ISO市と東海道検定&落語家「古今亭菊千代」

立春 ⇒ 雨水 ⇒ 驚蟄 ⇒ 春分 ⇒ 清明 ⇒ 穀雨
                     ▼
                   間近ですね!

この時期になると虫だけではなく人の活動も活発になるようです。
第2日曜日ですので恒例の大磯駅前「ISO市」がありました。
0314

冬場は寒いのか? 正月疲れ等か? 1月・2月は人出がいまいちでしたが今日は大勢のお客様に来ていただきました。陽気が良いのも手伝い、ウオーカーも大勢お見えになり、ISO市で販売している品をウオークの共にする為にご購入をいただきました。

私以外にも暖かい方が良いと言う方が大勢いるんですね。
私もようやく蓑虫状態から脱却です。

ISO市の途中から「第3回東海道検定」のために東京・大崎ゲートシティに行きました。
東京・神奈川地区は大崎ゲートシティ。
東京以外では
静岡地区は静岡グランシップ。
愛知・三重地区は名城大学天白キャンパス。
関西地区は財団法人滋賀県教育会館の3箇所で実施しましたが、「東海道検定」もちょっとした過渡期を迎えています。このままでは受験者がじり貧になってしまいます。

もう一度、原点に戻り実施方法を一考する必要なありそうです。

ところで今日の「東海道検定」で思わぬ人が受験をしてくれました。

その方は長い歴史を持つ落語界において、女流初の真打に昇進し、古今亭菊千代さんです。真打ちになる前に東海道の辻辻で落語の修行を積んだ彼女が改めて「東海道宿場寄席」を行いたいとの依頼を受けています。「東海道」「落語」談議で思わぬ楽しい一時を過ごせました。

ちょっと長いですが彼女のコメントを引用させていただきます。

『真打目前に歩いた東海道に思いを馳せ、東海道五十三次落語会』
真打昇進が平成5年3月21日からという年の1月、某新聞社の方の提案で東海道五十三次を歩き街道を行く人やお店などで突然行って落語や小咄を聞いてもらい、笑いの修業の旅をするという企画がありました。通しで全部ちゃんと歩いたわけではなく、言われるがままに道を行き、言われるがままに人の前で落語をやり、自分の才能の無さ、センスの無さをことごとく知り、けなされ叱られ本当に辛い旅でした。けれどもそのお陰で、色々な経験も出来、またそこでも土井たか子さんが京都三条大橋で迎えてくれるという素敵な結末を作ってくださり、土井さんとの思い出の宝物が増えました。けれども、私の中では不完全な思いがずーっと残っています。
歩くのは無理としても何とか、その五十三の宿場のある土地で、どんな小さなところでも良いから落語会をやりたい!題して『五十三次落語会』、と言っても私には何もつてがありません、今、老人ホームなどの施設やお寺、地域の公民館、学校などに声をかけていただけないかと企画中です。皆さまの地域、お知り合いの中でこのあたりなら、人が集められるよ、会場があるよ、聞いてみるだけならできるよという方、ご協力お願いします。金銭的なことも、こちらからのお願いなので、そちらの条件にそって考えさせていただきます。一つ一つ埋めて行きたい!順番は、あまり気にしません。よろしくお願いします。

詳しくは、下記のURLで確認下さい。
      ▼
http://www.sun-ad-center.com/kikutiyo/index.html

« 大磯ライオンズクラブ40周年記念式典他 | トップページ | 終わり良ければすべて良し »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47811213

この記事へのトラックバック一覧です: ISO市と東海道検定&落語家「古今亭菊千代」:

« 大磯ライオンズクラブ40周年記念式典他 | トップページ | 終わり良ければすべて良し »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ