« 春のお彼岸です | トップページ | 春二番? 春三番? »

2010年3月20日 (土)

定年を迎え ますます盛ん・・・・・・!

この3連休を利用して日頃、溜め込んでいる仕事に勤しんでいます。
私はこの3月末で定年です。しかし、定年後は自らが望んだ延長なので特に意気込みを感じることもありません。

しかし、ですが、やはり定年という言葉に気持ちのどこかで何かしらの区切りはつけたいと思います。

「還暦! 一年発起」のタイトルも新年度を迎えたら「還暦プラス1」としないと現実から乖離してしまいますね。

日本人は「老」という言葉をどうも暗いイメージで見るようです。
「老人」を「高齢者」に置き換えてみたり。このようなこと一つ一つがむしろ現実から逃避させてしまい、逆に「今」「現実」を受け止めるという大事な考え方を希薄にしているように思えてなりません。
確かに努力しても報われない社会になっていること。なりつつあることの認識は持っています。だからこそ気になるんです。

「五十、六十はなたれ小僧 男盛りは八、九十」とは大磯に縁のある安田善次郎翁の言葉です。

「能は、枝葉も少なく、老木(おいき)になるまで、花は散らで残りしなり」
世阿弥は「老いても、その老木に花が咲く」それが理想の能だったようです。
老木になれば、愛らしさ、華やか、若さは消えていきます。しかし、何かを失いながら必ず新しいものを得てきたはずです。それが人生です。だから老木に咲く、一輪、二輪の花を愛でることで、若者に、一生を通じて前向きにチャレンジし続けろ、という世阿弥のメッセージだと思います。

老いてますます盛ん・・・。
「ますます盛ん」な時期をいかに長く維持出来るかが重要で人生を楽しいものにするはずです。

一方では、自らの加齢を受け入れ(おいおいに)頑張り過ぎないで、家族に頼ることもしていこうと思います。
それこそ、老いては子に従えだ。
子供たちの意見にも耳を傾け4月からは我が家の実権は息子夫婦に譲って、私は新たな飛躍を試みることにします。

« 春のお彼岸です | トップページ | 春二番? 春三番? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47861060

この記事へのトラックバック一覧です: 定年を迎え ますます盛ん・・・・・・!:

« 春のお彼岸です | トップページ | 春二番? 春三番? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ