« 金メダル、逃したっ! 女子団体追い抜き | トップページ | ひな祭りです »

2010年3月 2日 (火)

2010年度予算案が衆院通過しました

総額が92兆2992億円で過去最大の一般会計予算案が衆議院を通過しました。予算案の中には子ども手当(1兆7465億円)、高校授業料無償化(3933億円)を始め民主党が掲げたマニフェスト関連の新規事業が盛り込まれています。大きく歳出が伸びました。その反対に国債発行額は過去最悪の44兆3030億円で当初予算を上回っています。

正常ではないですよね。この予算。と思っていますが、憲法60条の規定により、この予算案が参議院で議決されなかったり否決されたりした場合でも衆議院の議決が優先されることから年度内に成立することが確定してしまうんですね。

一体!参議院って?何なの?事業仕分けの対象だよ。そう思います。

本当に生活が苦しい方が増えているのも事実です。
大変な状況は一番川下で確定申告等を行っている者には実感として感じています。
だから子ども手当や高校授業料無償化も一部は賛成なんです。

納税者番号制度をもう一度真剣に論議をする時期だとも思いません?
国民、納税者に付けられた固有の番号の導入すれば、課税資料にその番号を使用して突き合わすことにより所得を確実に把握することが可能になります。課税を公平に行うことも出来ます。
昨年の定額給付金の支給の時や、今回の予算案に含まれている子ども手当や高校授業料無償化にも活用できるはずです。
今後ますます増大していくだろうと予想される社会保障の管理や給付等にも活用が出来ます。

納税者番号に反対する第一の理由はプライバシーが侵害されるという点でしょう。
その大きなものは自分の所得や資産を知られたくないというものではないでしょうか。
事実、2005年までは納税金額1000万円以上の高額納税者が公表されていましたが寄付金等を強要される、泥棒に狙われるという弊害も散見されるという理由で廃止されたと記憶しています。

いずれにして複数の口座等を持つことの出来ない我々庶民には大きな影響はありません。
国会議員自身が自らがもう一度、真に納税がきちんとされる制度を整備してから社会保障の管理や給付等を考えていただきたいと思います。

« 金メダル、逃したっ! 女子団体追い抜き | トップページ | ひな祭りです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47708224

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年度予算案が衆院通過しました:

« 金メダル、逃したっ! 女子団体追い抜き | トップページ | ひな祭りです »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ