« 会議は踊る、されど進まず? | トップページ | 水仙が見頃です 大磯の松並木 »

2010年3月17日 (水)

コンクリートから人へ → 人からコンクリートへ

民主党のマニフェストの大きな目玉政策であった(もう過去形です)「高速道路無料化」は、「環境政策」CO2排出増に繋がり整合性に欠けているとして実施の先送りの様相です。首都高速道と阪神高速道については、元々渋滞悪化を理由に無料化の対象外としていましたが、走行距離に応じて変わる距離別料金に移行させ、事実上の値上をして道路整備に充てると・・・・・・。?

コンクリートから人へ → 人からコンクリートへの転換ですか?

首都圏に住む我々については都心を経由しないで東名高速、中央道、関越道、東北道、常磐道を外環道若しくは圏央道で繋いで完成させることは急務だと思います。必要と感じています。

子ども手当も中途半端だと思いますよね。
多分、自治体の多くは子ども手当を支給するためにコンピュータのシステムを修正しているはずです。そして、来年、子ども手当が、児童手当とのカセット方式から全面見直しになれば、またシステムが変更されるはずです。結果的に二度手間のシステム改修が必要になるのは必然です。

これでは事業仕分けを一生懸命に行い、無駄を省くと息巻いている政府に?????です。自らが無駄を作り出している訳ではないですか。

このような選挙目当てのパフォーマンスは結構なんです。

世界各国で150国近くが導入している消費税。そして圧倒的に諸国は日本より高い税率で消費税を徴収しています。

財政が苦しければ歳出を抑えればいいんです。本当に歳出を抑えるだけで財政が好転するのであれば結構です。万々万歳です。

国家予算の主要な部分は医療+福祉+社会保障+教育であり、その割合は平均寿命の上昇により時代の経過とともに増加傾向であるのは必然なんです。

消費税の税率や内容、目的税化? 議論は必要です。

300議席を有している政権党はこの議席数があればこそ実現出来る政策や議論をして欲しいと思います。

だから一部は「人からコンクリートへ」への転換があって良いんです。

« 会議は踊る、されど進まず? | トップページ | 水仙が見頃です 大磯の松並木 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47836831

この記事へのトラックバック一覧です: コンクリートから人へ → 人からコンクリートへ:

« 会議は踊る、されど進まず? | トップページ | 水仙が見頃です 大磯の松並木 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ