« 終わり良ければすべて良し | トップページ | コンクリートから人へ → 人からコンクリートへ »

2010年3月16日 (火)

会議は踊る、されど進まず?

毎朝、打合せ、ミーティングをやっています。
何度か触れました。重要な無用の用だとも書きました。

最初の頃は私の独演会。皆の時間を潰させて私の思いを一方的に語ってきた?
そんな気もします。
職員に意見を発表させるようになりました。
自分の毎日のスケジュールや現在、取り掛かっている仕事の途中経過等の報告会的になってきました。
情報を共有しなければ、組織全体の仕事内容が把握出来ません。何が忙しいのかも分かりません。手伝いのしようもありません。その点、朝礼の中で事業に横串を通すという意味では一定の役割を果たしているようです。

商工会は役員、会員が主役の組織です。しかし、役員は常勤ではありません。
私たち事務局はあくまで黒子です。
いや、黒子と言うより私は演出家、脚本家だと思います。
商工会を一つの舞台に見立てるとすれば、舞台に上がるアクターはあくまで役員であり会員。その舞台背景の美術効果や音響効果等で支えるのが我々の役目だと思っています。

そして、朝のミーティングで準備した内容を色々な会議に諮ります。

我が会の役員は、結構事務局の立場も尊重し、議論を重ねるので一定の結論まで至ります。だから非常に助かります。

「会議は踊る、されど進まず」ウイーン会議のような状況に陥ったら会議をやる意味が無くなってしまいます。

今の日本国ってフランス革命とナポレオン戦争終結後のヨーロッパの秩序再建と領土分割を目的として19世紀初めに開催され、諸利害が衝突して数ヶ月を経ても遅々として進行せず「会議は踊る、されど進まず」と表されたこの「ウイーン会議」の状況に似ていると思いません?

年度末を迎えて、急に会議に出席する機会が増えました。中身のある議論をしたいと思います。

« 終わり良ければすべて良し | トップページ | コンクリートから人へ → 人からコンクリートへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47831830

この記事へのトラックバック一覧です: 会議は踊る、されど進まず?:

« 終わり良ければすべて良し | トップページ | コンクリートから人へ → 人からコンクリートへ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ