« 記念日の多い家族です | トップページ | 色々あっても内容を書くことが出来ない? »

2010年3月 7日 (日)

2010河野太郎春の集い

政権党にいる時には野党的は議員。
野党に下野した今は、政権党にいるような議員と大蔵平塚市長が挨拶をしました。
当を得ているような機がします。その通りです。

0307

   ▲
   立錐の余地のないほど支援者が集まりました

現在の民主党も政権慣れをしていないですし、自民党も野党慣れをしていないし、どことなく国民不在のような感じがします。
どこまで、真剣に日本の将来を考えているのか、ふっと疑問に感じる時があります。

今日の太郎節は彼の発信している「ごまめの歯ぎしり」の通りなので彼の文をそのまま引用させてもらいます。

長崎県知事選挙の後の審議拒否は全く馬鹿げたスタンドプレーだ。しかも党内の多数は審議拒否に反対なのに、強引に審議拒否を始めた責任者の処分は避けて通れないだろう。月曜日の朝七時の役員会は、谷垣総裁が欠席戦術を承認したというお墨付きを与えることになってしまった。総裁の人心一新の決断が求められる。

政治とカネの話は、国会の外でゆるまずにやればよい。国会の中ではあくまでも政策議論をするべきだ。

なぜ、今、所得制限のない子ども手当なのか、農家の赤字補填という名目でばらまきをやれば農地の集約のコストは上がり、儲かる農家が生まれなくなる。普天間の問題も締め切り間近だ。

なんだ、自民党は昔の人が昔の野党と同じことをやっているというのが今の評価だ。そうではない、自民党は新しく、人も変わり、明日の日本を任せられる政策を議論できる政党だということを示さなくてはならない。だから参議院を自民党等の野党に任せようと国民に思っていただけるのだ。

参議院選挙で国会をねじれさせ、小沢一郎の下でのねじれ国会と自民党の下でのねじれ国会は違う、今度は審議拒否や何でも否決ではなく、国民のために議論をして結果を出すねじれ国会だということをご理解いただく参議院選挙だ。

ここまで「ごまめの歯ぎしり」の引用文。

0307_2

   ▲
   和太鼓が会場の雰囲気を盛り上げてくれました

先に衆議院を通過し、今月には間違いなく成立する政府2010年度予算も何処まで日本の将来を考え、責任を持ってくれるか不安に思う状況です。

旗本たちが借金踏み倒しの「天保改革」で発令をした「徳政令」。江戸時代に2回ほど「徳政令」を出しています。名前は「棄捐令(きえんれい)」と変わっていますが、借金をチャラにするという基本の意図は同じようです。

また、「天保改革」での金利政策に、一般貸借金利を年1割5分から1割2分に引き下げました。そして札差に対して旗本・御家人の未払いの債権を全て無利子とし元金の返済を20年割賦とする無利子年賦返済令を発布し、武士のみならず民衆の救済にも当たり一見庶民の味方のような政策が実際には、貸し渋りが発生し逆に借り手を苦しめることになったというような歴史もあります。

所得制限のない子ども手当や農家の赤字補填という戦術は将来の戦略が明確になっている上で出てくる施策です。将来の戦略が明確なのでしょうか?

私たちが本当に欲しいのは未来が見える政策なんです。
その時に庶民は目の前の窮乏にも耐えることが出来るんです。

ガンバレ!太郎ちゃん!

« 記念日の多い家族です | トップページ | 色々あっても内容を書くことが出来ない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47748248

この記事へのトラックバック一覧です: 2010河野太郎春の集い:

« 記念日の多い家族です | トップページ | 色々あっても内容を書くことが出来ない? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ