« 大磯運動公園のカワズサクラ | トップページ | 金メダル、逃したっ! 女子団体追い抜き »

2010年2月28日 (日)

チリ地震の余波 静かな大磯です

1960年(昭和35年)5月22日のチリ地震が発生し、三陸海岸を中心に大津波に襲われて大きな被害が出ました。

その日は学校から帰って午後からいつものように自宅近所の空き地の木の上に小屋を造る遊びに夢中になっていました。空き地の前にあるスーパーから空き箱をもらって木の股になっている部分を荒縄を土台代わりのして秘密の基地を作っている最中です。

そんな遊びに夢中になっている最中に「海の水がなくなっちゃった?」との情報に遊びを中断して海に駆けつけました。数十メートルも水が引けて渚が大きく広がった光景を不思議そうに見ていたものです。(半世紀も前の出来事です。時間的にタイムラグがあるかも知れません。)

現在のように防災無線等がある時代ではありません。海に近づくことが危険だ、そんなこと知る由もない時代です。目の前の現象がチリ地震の影響により発生していることを分かっている人の方が少なかったと思います。

その後に三陸地方の大きな被害を知り津波の怖さを知ったものです。

現在の所、全国各地で大きな被害が出ていないのが幸いです。
逆に、情報網が発達しすぎているので、何だ、この程度か?、この程度でこんな大規模な避難をする必要があるか? という論議が出るかも知れません。

しかし、これが備えあれば憂いなしと言う実践でしょう。

大磯でも普段は防災訓練の時にしか見ることの出来ない海岸の門扉が全て閉ざされました。これは訓練ではありません。

西湘バイパスの入り口もこの様に封鎖されました。

0228

西湘バイパスも下りが全面通行止めになりました。
国道一号線が大渋滞です。
東海道線も昼前から運転を見合わせました。
大磯駅のホームには一人も乗客の姿を見ることが出来ません。

人影のない大磯駅です。

0228_2

そんな中、我が家の前の「あんず」は7分咲きになって2月の最後の日曜日を日本中が津波騒ぎで振り回されていること知ってか知らずか、いつものペースで春が一歩近づいたことを感じたらしく誇らしげに咲き始めています。

0228_3

« 大磯運動公園のカワズサクラ | トップページ | 金メダル、逃したっ! 女子団体追い抜き »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47690107

この記事へのトラックバック一覧です: チリ地震の余波 静かな大磯です:

« 大磯運動公園のカワズサクラ | トップページ | 金メダル、逃したっ! 女子団体追い抜き »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ